貧しい層が金持ちを羨み憎む思いが『共に民主党』文在寅氏躍進の原動力か? 『反日』も日本を妬む思いか?



文在寅 反日

オシマサの広場へ、ようこそ!

今回は俺が思う韓国自暴自棄の動きだ。
いわゆる左翼的な指導者への支持率が高まる
背景だ。

と言っても、いわゆる「自棄のヤンパチ」に
見える韓国の姿勢は、今に始まったことでは
ないと思う。


文在寅 反日


基本的に貧富の差が大きい!
このことはずいぶん前から言われていた話だ。

財閥系の会社企業が君臨して、好き勝手なこ
とばかりしている印象はずいぶん前からあっ
たのではないか。

最近の例ではこれか。
2014年の大韓航空ナッツリターン事件だ。

とにかくだ。
貧しい層が金持ちを羨み憎む思いは以前から
あったと思う。

また、あってもおかしくないと思う。

そして、昨年末頃からの崔順実氏に関する事
件で、しかも朴槿恵前大統領と関連があった!

これからだ。
社会の下層階層、いわゆる働いても所得の増
えない貧しい層の怒りがスレッシュホールド
を超えたのであろう。

もし、韓国人の半数以上がそこそこの生活を
享受できれば、デモを起こしてまで。
あるいは「共に民主党」はじめとした野党を
相乗りさせてまでだ。

大統領を弾劾に追い込むことはしなかったの
ではないか。
と思うのだ。

だが実際は、特に文在寅氏は先頭に立って旗
を振る勢いに見えた。

きっと、彼ら韓国人の多数は生活に絶望する
ほど窮しているのかもしれない。

これもずいぶん古い話になるが30年ほど前に
韓国に行った時のことだ。

全斗煥政権の頃か。
この頃は最初の韓国ブームみたいなものがあ
ったと思う。
韓国語を勉強しようぜ!なんて感じだ。

この頃は韓国に関心があったためか。
何度か航路で出かけていた。

ともかくだ。
たまたま、下関から乗船した関釜フェリーの
上で在日韓国人のオッチャンに話しかけられ
た覚えがある。


文在寅 反日


確か小瓶のビールを奢ってもらった。
そして、延々とそのオッチャンの話を聞かさ
れたのだ。

ただ、不思議とその在日韓国人のオッチャン
に関し、不愉快に感じた思い出はない。

とはいえ、話のすべてを覚えているかと言え
ばそうでもない。

対馬海峡周辺の海域でイカ釣り船の漁火。
これを横目にしながらほとんど聞き役に回り
それで終始しただけだ。

だが、それでもだ。
この部分は今でも当時の紅顔の美少年の耳に
は焼き付いた。

韓国人は貧しい!

それをさらに強調するようにフェリーが釜山
港周辺に近づいた時だ。
こう言ったのだ。

「今から入港するけど岸壁に見えるコンテナ
を見ときな!日本から来るものと韓国から持
ち出すものがあるはずだ。」

まあ、それはそうであろう。
フェリーには貨物も積載しているから。
それは俺のような若造(当時)でもわかると
思ったものだ。

続く言葉が印象的だった。

「日本からのコンテナなどに入ったものはだ。
電子機器などの工業製品だ。」
「その逆の韓国から日本に向かうものは海産
物はじめ1次産品だ。」

要するにだ。
韓国は外国に売れるものがさほどない。
韓国は貧しい国と言っていたことだ。

とはいえ、当時はソウルオリンピック前だ。
俺もその頃は韓国好きだったから。
民団の韓国語の教室に通ってもいた。
「アチメナラエソ(朝の国から)」など合唱
していた記憶もある。

だが、オリンピック直前でも。
韓国は大騒ぎするほど、大したことはないと
言いたかったらしい。

しかし、そこで俺は尋ねた。
『漢江の奇跡』があるではないか・・と。

間髪入れずに言われたものだ。
「太るのは金持ちだけだよ。」
「大きい会社は大きくなる。」
「日本のような中小企業は育たない。」
「それは韓国人特有の性分もあるが。」

【後に知った韓国人特有の性分】
●偉くなって威張りたい!
●少しでも金が多いところに就きたい!
●人に奢ってよく見られたい!
これは俺が勝手に作っているのではない。
東京で留学していた韓国人が言っていた。

それにしてもだ。
その時の韓国入国は眠い目をこすりつつ税関
等を通り過ぎた覚えがある。

当時は下関を夕刻(18:00頃か)出ると
釜山外港に05:00頃着く。
ここで3時間ほど待ち08:00の税関開放に
合わせていたと思う。

文在寅 反日


その他にこれも思い出した。
これはさらに以前と思うが取りあげてみる。

店の形態として今はもうないかもしれない。
が、当時は茶房(タバン)いわゆる喫茶店の
一種だが、日本のものとは違う怪しげな風が
吹く店もあった。

店に入ったらだ。
若い女性、そうでないのもいたかもしれない。

5,6人がなぜか俺の周辺に座り込むのだ。
そして、俺の注文を聞きつつ、自らも勝手に
注文していくのだ。

だからだ。
「えっ、これ俺が払うの?」と思ったりもし
たが、せいぜい一杯が数百ウォンだ。
気を取り直してだ。
韓国語の勉強などと思い、時間を過ごした覚
えがある。

何年かたち、とある在日韓国人にそのことを
尋ねたら、こう返してきた。
「食えない労働者の娘でしょう」
「働き先がない娘はそういうところにも行く
のです」

極めつけはこれだ。
「だから、ソウルの男は釜山で、釜山の男は
その逆で不倫などするのです。」

まだ、俺も若い頃だから、ずいぶん衝撃的で
はあった。

これらの話は1980年代後半だ。
今と比較にならないかもしれないが、貧しい
韓国人の存在は今に始まったことではない。
歴史があり積み重なっていると思われる。

こういうことを表していると、またポツポツ
と思い出してくる。

これはソウルでのできごとだ。
某食堂(シクタン)、韓国の路地にある食堂
でのできごと。

ここで、メインの料理を注文するとだ。
何が何だかわからないキムチの料理がズラー
っと並んだ覚えがある。

俺は初めてブラブラした頃。
「これはすごい」などと思ったものだ。

しかし、数日たつと気が付くことがある。
小皿に載った各種のキムチは食べ残すと。
もとのツボに「おかえりなさい」と返される
のだ。

そして、新たな客が来るとだ。
また小皿に載ることになる。

それからの俺はそういうところでメシは食わ
ないことにした。

なぜなら、それに気が付く前は結構を腹をこ
わした。

メウンタンなどのわざわざ辛いものを好んだ
こともあった。
それが原因と思うが、それだけでもないこと
も悟った。
サムゲタンでもおかしくなった時がある。
からだ。

と、話がそれた。

実はその食堂の 1つに入った時のこと。
当時は盧泰愚政権だ。
まさに 1年後はソウルオリンピック。

店にはホドリの図案なども飾ってあった。
くどいがそういう時期なのだ。

そこで、通じるかどうかもわからないが俺の
ヘタクソな韓国語で話しかけてみた。
当時の盧泰愚大統領がオリンピックをけん引
してすごいね!
といったことを言葉にしたのだ。

ものすごく嫌な顔をされた覚えがある。
俺はすぐ察した。
韓国人は権力者が嫌いなのだ。

今思えばだ。
権力者は富を集める人と同義に映っていたの
であろう。

ただ、ホドリが飾ってあったのでこの食堂の
オバチャン自身は韓国への愛国心はあったと
思う。
つまり韓国に絶望、嫌いではないということ。

ただ、権力者は嫌いなのだ!あるいはだった!
と思う。


文在寅 反日


また、こういう話を聞いたこともある。
韓国は日本と違い海兵隊を持っている。

当時の街の人との雑談で、海兵隊と空輸部隊
(日本で言えば空てい団か。)そして憲兵が
怖い!と聞いたことがある。

なぜなら、荒っぽいから、それが理由らしい。
そこで海兵隊に目を向けるが韓国人の中には
このように揶揄する者もいた。

海兵隊を犬兵隊と呼ぶのだ。

政権の犬とでも言いたかった!
のかもしれない。

これは「海」と「犬」の母音が同じことに基
づくのだ。

 海兵隊  ヘビョンデ
 犬兵隊  ケビョンデ

ハングルで表せばよりわかりやすいが、その
必要もないので割愛。

話を戻そう。
盧泰愚氏は最後の軍人出身の大統領なのだ。

ゆえに、権力者=軍人=政治家の構図で嫌わ
れたのであろう。

ちなみにだ。
1970年代から1980年代の韓国で世に出たい!
出世したい!
あるいは名が売れるためには、ソウル大学を
卒業するか、陸軍士官学校を出るしかないと
聞いたこともある。

そして、大統領まで昇り詰めると大権を握り
栄耀栄華も思いのままになる・・と。

栄耀栄華は言い過ぎにしても、大統領に権力
が集中していることは間違いなかろう。

親族はじめ近親縁者、また近しい者から逮捕
等の怪しいできごとが生まれるということ。
それはそれなりに金を生むシステムが備わっ
ているからと思われるのだ。

だから、若い時にその道を選ぶのであろう。
もっとも、今はどうか知らない。


文在寅 反日


もう 1つ思いだしたことを連ねるとだ。
韓国人の多くは軍隊は嫌いだが軍隊は必要だ!
と言っていたと思う。

当時の若い俺の目には朝鮮半島の現実をだ。
わずかにしても見たような感じはあった。

基本的に韓国は徴兵制なのだ。
中にはズルするヤツもいるらしいがほとんど
の者は兵隊勤務を経験するのだ。

このことはとりあえずにしてもだ。
ズドンとできる技術を持った者が世間に溢れ
ている。
そう思った方がよいだろう。

日本よりだ。
はるかに緊張状態への備えはありそうだ。

ということで、あちらこちらに話は飛んでし
まったが、権力と富は韓国人にとってセット
なのだ。

だから、そうしたものを悪事でズルして手に
入れたと思うと怒り狂うのであろう。
権力を手に入れ、それをテコに富の集中も生
むことに対してだ。

基本的に権力と富がセットであるならだ。
逆はこうなるであろう。

それがない者はこうなると考えてよかろう。

権力無し=貧しい層

それに加えて、韓国人は派手好きというか。
見得を張る傾向もある。
たとえば、聞いた話でこういうものがある。

女性がお洒落をするためにだ。
金を借りてでも必要なものを求めるという。
そして、借金地獄に陥る!

たとえは女性だが、男性でもあるようだ。

翻ってこの傾向は日本人にもないとは言え
ないが比較的小さい気はする。

さらにだ。
話の対象としては違うが、俺の知る限り。
韓国人に割り勘の習慣はなかったと思う。

つまり、格好、体裁はつけたがる。
もしかすると民族の特性かもしれない。

一度だけ、金海空港で韓国人の偉そうな人が
部下らしき人に「スゴ」と言って何か渡して
いたのを見たことがある。

「スゴ」はご苦労というような意味か。

ゆえに、この見得張り部分と『権力 = 富』
によって、今や避けがたい貧富の差を生んだ。

そうではないか。

結果、明日をどう生きればよいのか。
不安に駆られる人々が増えている?
大量発生しているのではないか。
そのように見えるのだ。

これが「自棄のヤンパチ」なのだ。
どうせ明日に希望が持てないなら。
左翼政権でも、北朝鮮でも、何でもいいよ!

だが、今まで権力を持ち太ったヤツらには。
ギタギタにしないと気が収まらない!
そういうところではなかろうか。

だから『共に民主党』文在寅氏の躍進もある
と思うのだ。

冷静に考えればだ。
文在寅氏では・・同氏の発言からだ。
北朝鮮と仲良くなることはあるかもしれない。

結果、北朝鮮主導で朝鮮半島の統一ができる?

しかしだ。
日本と米国との関係はガタッピシになること
は想像ができよう。
大方の韓国人はこのように考えているのでは
ないか。

それでも、既存の金持ち連中、たとえばサム
スン電子の李在鎔副会長の逮捕を求め、国の
輸出頭のような会社が揺らいでも構わない!
とした動きがあること。

これは、それだけ現在の韓国社会では将来を
悲観する韓国人が多い!
その証左なのかもしれない。


文在寅 反日


そして『反日』だ。
韓国人の多くは、韓国の『反日』教育の影響
を受けて育ち、何が何でも日本からむしり取
ってやろう!

その思いで育ってきたと思う。

だが、それ以上に「隣の芝生は青く見える」
ではなかろうか。

おそらくはだ。
日本を見れば、財閥はなく中小企業も社会で
の確固とした地位を持っている。
また基本的に技術者も大事にされている。
あくまでも基本的にだが・・。

他にもいろいろとあると思うが総じて。

日本人が裕福に見える?
徴兵制もなく自由でよく見える?
受けとめ方は人それぞれであろうと思いつつ
も、それが転じ韓国人は日本を攻撃したい!
貶めたい!
という気持ちになっているのではないか。
いわゆる妬みだ。

韓国は格好をつけて慰安婦だの、徴用工だの
と因縁にも見える形で『反日』活動を行って
いるが、本音はそんなところにあるように思
える。

しかも、その活動で日本から賠償金と言葉に
しているのだ。


文在寅 反日


まあ、このようにどうしてもいろいろと考え
てしまう。
かつては良き意味で関心高い国ではあったの
だが、個人的には残念な現状だ。

何はともあれ、ここまで言葉を並べてしまっ
たが韓国の次期政権は要注意であろう。

また、安直に朝鮮半島に向かうことは避けた
方がよいと思うのだ。

かつて、韓国が大好きだった紅顔の美少年も
オジサンになった今、振り返るとそれこそだ。
『安心』のできない国と言えよう。

ただ、ここで 1つだけ言葉を加えるとだ。
韓国人にも客観的に冷静にものごとを考える
者もいる。
これも間違いないと思う。
ただし、残念ながら今まで出会った韓国人の
中では3人しかいない。

今もそうなのか。
それはわからない。
相手の名前すら忘れてしまったぐらいだから。

俺、オシマサ、僭越ながら斯く思う。

地図のイメージ図はすべて下記のとおり。
出典:国土地理院ホームページ
国土地理院地図の一部を加工
(http://maps.gsi.go.jp/help/
index.html#manual)

(再見)


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ