今年四人目の北朝鮮兵士の脱走・亡命! 意外と緩い軍の掟、それとも金正恩に嫌気か?



オシマサの広場へ、ようこそ!

今回はこちら。

北朝鮮兵士の脱走、亡命

で思うこと。





今日21日、早朝のできごと。


韓国中西部(おそらくは京畿道でしょう。)

非武装地帯(DMZ)を越えて

一人の北朝鮮兵士が韓国側に投降したとあるのです。


BBCを見ると

これで今年四人目になるとか云々とアリ。


そこで、この凡人の門外漢は、何気に

「意外といるものだ」

と妙に感心するわけですが

同時に北朝鮮の規律も緩いと感じたりもします。


しかもですよ。

先月11月には、銃弾を40発受けて脱走した

事例の発生直後のことですからね。


少々、奇異に映るところ。


そして、基本的な見方は脱走でしょう。

と言うと、妙な表現ですが

前回同様、亡命扱いになると捉えていますが

落ち着きどころは、どうなるのでしょう。

はじめに、その点に関し興味を覚えます。


おそらくは・・と思いつつも。

気になるところ。


場所が前回の脱走劇が繰り広げられた

板門店ではないとしても

最前線と呼べる韓国中西部の非武装地帯です。


基本

ここも北朝鮮の中枢に比較的強い忠誠心を持つ

と思われる兵士の配置、部隊の展開が

考えられそうなところでしょう?

そこで脱走が起きたのですから・・ね。


となれば、推して知るべし!

でしょうか?


きっと、潜在的に軍から

「離れたい」

「逃げたい」

と考える予備的な存在は結構いる?

そんなことが頭をもたげます。


一方、韓国側に目を向けると

現場は検問所の近くとあり

その前で脱走者を発見とあります。


これ、ちょっと不思議ですよね。

それまでは気づかなかったのか、どうか。

そこが少々気になります。


もしですよ。

かなり近いところで気づいたのであれば

脱走、投降の結果であったため

今回はよかったのでしょうけど。


攻めで北朝鮮の部隊が接近していたら

かなり危険な状態になったのではないでしょうか。


というか、突破されますよね。

そんなことも頭に浮かぶのです。

何気に。


もしかすると

韓国軍の警備も緊張感のある姿を持たない!

そんな軍紀の緩みがある状態かもしれませんよ。


なぜなら

韓国側が「脱走兵を受け入れた!」アト

つまり、収容してから・・です。


その後、不明兵士の捜索に向かった北朝鮮兵士

あるいは部隊に対し

韓国側は警告の射撃を行っているとあるのです。

(YAHOO WOW KOREA など 21日)


そこで頭に浮かぶことは

北朝鮮の捜索の動きに向け、警告射撃ができるなら

最初の脱走兵の時もそうあるべきではないか!

という点。


ここで、少々、怪しく見えるという話。

(寝てた?)


もっとも、検問所は複数あるのか?

該当箇所は非武装地帯に一番近いのか?


そうした背景も考えるべきでしょうけど。

門外漢なりに思い浮かぶことを表わすと

ここまで触れた感じになるのです。





続いて

脱走兵は今年で四人を数えるとのことから

現状の北朝鮮の軍隊から逃げたいと考える兵士が

少なからずいると想像するわけですが


逆に金正恩政権に立ち向かおうとする動きは

ないのでしょうか。


そのあたりも気になりますね。


とはいえ、今回も含め前線のDMZ近傍であれば

ちょっと越えれば、その土地は、韓国領であり

足を延ばせば

「俺は自由になれる!」

そんな想いの方が先かもしれません。


(北朝鮮の兵士から前を見れば・・ですよ。)


そのため、あえて反旗をひるがえし

傷つき倒れる危険を冒すよりは

『さっさと逃げた方がよい!』

・・でしょう。


ただ、北朝鮮の内陸部では

『逃げたくとも逃げられません』

・・よね。


単純に政権に向かって

自暴自棄になるしかないと思うのですが

専門家はどのように見なしているのでしょうか。


生き残る確率は低いので、『忍の一字』で耐える!

そんな認識でしょうか。

この点も興味深いところ。


とにかく、いろいろと憶測の域は広がります。

ついでと言うわけではありませんが

さらに広げ、膨らますと・・


脱走した兵士(軍人)は

金正恩委員長に忠誠心はないでしょう。

それだけは想像に難くないかと。


オシマサ、僭越ながら斯く思うのです。

(再見)


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ