三バカ政党と呼びたくなる民進党、立憲民主党、希望の党! 『合同モリカケ追及チーム』を結成か! 今後も安倍内閣を追及するらしい!



オシマサの広場へ、ようこそ!

今回はショートだが、これはいかがなものか!
と思いつつ言葉を並べてみる。

愚かな、三バカ政党と呼びたくなる民進党、立憲民主党
希望の党が、性懲りもなく今後も森友・加計を問題とし
て追及するらしい。

これは、特に11月1日夕刻から2日にかけてのこと。
かしましく姿をもたげたようだ。

『合同モリカケ追及チーム』を作ると。

愚かに見える報道・メディアから表れている。

だが、ネットではそれに対し強烈に批判的な言葉が並ん
でいる。
俺も知識に浅薄なものがありつつも、それを見ながら。
当然と思う。


それにしても、民進党、立憲民主党、希望の党の三党は
どこまで国政を混乱させれば気が済むのだろう。

今なすべきことはそれではなかろう。

こちらと思うのだ。

1  北朝鮮対処
2  憲法改正
3  消費税の扱い

特に北朝鮮への対処では在韓米軍の撤収とか。
在韓邦人の引き揚げとか・・だ。
現実味を帯びたらどうする?

それらを考えることが先決であろう。

そもそも、国会とはそれらを考える場ではないのか。
と真面目に思う。


国会議員であれば、与野党関係なく、喫緊の課題・対処
すべき事項に優先順位を付けてあたるべきではないか。

少なくとも、今、森友と加計を口実にしてだ。
先の見えぬ勢いから、内閣倒しの目的で国会で騒いでは
いけないだろう。

それでなくとも、国会の中にはねじれがあるのだ。

たとえば、衆院と参院では野党第一党が異なっている。


野党第一党

 衆院  立憲民主党
 参院  民進党

これだけでも、傍若無人な野党議員を扱う自民党の立場
からすれば。
かなり大変なことに思えるのだが、どうだろう。

何しろ、野党は『きかん坊』なのだ。

国民の多くは「いいかげんにしろ」と思っているのでは
ないか。

民進党 モリカケ

俺、オシマサ、僭越ながら斯く思う。

(再見)


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ