支持率下がる民進党の暴挙! 「いますぐ文科省に行きましょうよ」「個人メモも公文書」は何? 前川喜平氏を是が非でも正義にしたい?



支持率 民進党

オシマサの広場へ、ようこそ!

今回はやはり人の迷惑顧みず、おなじみの愚かさ
を発揮していると思うこと。

文科省に行きましょうよ

ことの発端はこれ。
文部科学省は12日、学校法人「加計学園」獣医学
部新設計画にかかる文書の再調査に関し、民進党
から「12日正午」を期限に求められていた。
が、調査結果の発表ができなかったこと。

ここからいきり立った民進党議員が動き出す。
「メールを受け取った職員に聞けば一瞬で終わる」
「時間稼ぎだ」
いますぐ文科省に行きましょうよ
と、一時、すぐに役所に乗り込む動きまでみせた
らしい。(YAHOOニュース、日刊スポーツ)

こういう流れを見ると、民進党の愚かさも極まれ
りと思う。
相手の都合も何も考えずに、己の欲をただ満たし
たい
がための動きであろう。

いきなり文部科学省に民進党議員が現れ、職員に
話しかけパソコン端末に触れることになれば。
彼らがなす日々の恒常業務が停滞する!
それを考えないのだろうか。

また、その姿を現わすことで文部科学省が対応の
職員を割かなければならない!
それも考えないのだろうか。

何とも自己中心的な人たちだ。

しかも、彼ら民進党は先日、こんな話題も提供し
ている。

個人メモも公文書

民進党含む野党 4党が「個人的なメモ」を。
これを新たに行政文書に加えよ!
と公文書管理法改正案を衆議院に提出したのだ。

職員が書いたメモを行政文書として管理?
そんなことをしたら、行政文書の管理だけで。
日々の仕事は滞るだろう。
まず、今まで恒常業務と呼ばれるものは停滞する!
それは想像に難くないと思う。

今までの前川喜平氏がらみの文書がメモの位置づ
けになる!
それを見越した動きかもしれないが。

もし、そんな民進党の邪心に溢れる法案が通れば
民進党はじめとした野党の喜ぶ捏造だらけの世界
になってしまうだろう。

愚かなことだ。

ともかく、文部科学省に押し寄せよう!
そしてメモも行政文書だ!
とする民進党の動きは暴挙であり日本を破壊する
行為にしか映らない。

多くの心ある日本人はそのように見なすだろう。
道理で支持率が奈落の底に向かうわけである。

俺、オシマサ、僭越ながら斯く思う。

(再見)

支持率 民進党


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ