日韓海底トンネル、半島では人気あり! その心は韓国軍が対馬海峡渡って「こんにちは」か?






オシマサ です。


今回は日韓海底トンネルに関して

韓国人が大いに望んでいるとの話を受けて

思うこと。


中央日報の記事を見て。(12月18日)


日韓海底トンネルの建設について

韓国民の60%以上が必要と考えている!

とあることから。


素朴に拙はこう捉えています。

日韓海底トンネル、半島では人気あり!その心は韓国軍が対馬海峡渡って「こんにちは」か?

要は日本に侵入する時

日韓海底トンネルはとても便利な存在ではないか

ということ。


海軍力に頼らなくても、陸軍兵力だけで

ばく進して、福岡か、どこに到達するのか

わかりませんが・・ね。


とにかく、日本側には到着するでしょう。


もしかしたら

後続に北朝鮮の軍隊もいたりして・・


いや、北朝鮮は中国につながっています。

中国軍が来ることも・・

オオッ怖いです!

皇帝の登場か?


こちらのツイートをご覧ください。

拙はよく現状をご覧のように思うのです。

引用、紹介させていただきます。




そして、続けます。

今の文在寅政権を例にとれば

何が起きても不思議ではないでしょう。


日々、反日の動きを持つ朝鮮半島なのです。

そこは忘れてはいけません。


その上で、考えましょう。


そして

昼行燈と思われる日韓議員連盟がうごめく政界が

存在するのです。


これで、韓国軍が銃器を持って

日本社会、日本人に向ければ

皆、お手上げカモ。


なぜなら、銃器には生身で立ち向かえません。

終わりです。


そうしたことを考えないのでしょうか。

日韓海底トンネル推進派の議員さんは・・

不思議です。

日韓海底トンネル推進議員連盟
2008年、日韓のトンネル建設推進を考える超党派議員の集まり。
「日韓海底トンネル推進議連」の発起人には、九州選出の国会議員を中心に、自民党の衛藤征士郎議員や民主党の鳩山由紀夫幹事長ら日本共産党の議員を除く各党から9人が名を連ねていた。
※ 後半部分ウイキペディア引用

それにしても、韓国民の60%以上が望むとは

拙はその数値で再び怖くなります。


まさか、この数値から日本の特定野党が

我らの時代、政権を打ち立てるチャンスなどと

狂った思いに至らないことを願うばかり。


オシマサ、僭越ながら斯く思うのです。

(再見)


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ