民進党の32億円、マネーロンダリングの立民、旧希望、無所属へ?



オシマサ です。


今回はコイツらマジで日本のごみと思うこと。


もちろん、民進党系列の立憲民主党

旧希望の党(国民民主党ほか)

さらに、無所属の会の連中のこと。


NHKの報道から・・です。
(https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181204/k10011733411000.html)


NHKが先月30日
総務省が公表した政治資金収支報告書では
当時の民進党は
衆議院選挙の直前の去年10月初めから、


● 旧希望の党の候補者へ
19億6000万円

● 立憲民主党の候補者へ
6億6500万円

● 無所属の候補者へ
5億8000万円



これらの金額をそれぞれ寄付し

対象者・候補者およそ220人へ

32億円余り

支出していたとあるのです。


早い話、民進党の資金が

ほかの政党の運営資金に充てられた

・・ということ。


そして

政党助成金の趣旨を逸脱している

との見方があるとも。


これって、少々言葉は荒いのですが

政党助成金のマネーロンダリング?

・・ではないのでしょうか。


一見法的にはクリアであっても

「やり方が姑息、汚い」

と思われても仕方がないでしょう。


本来、民進党解党後

それまでの政党助成金は国庫へ戻し

分党後、あらためて、要望する形があるべき姿

と思いますけどね。


と言っても、所詮、民進党系列、詮無きこと。


そこで、ツイッターを見ると

結構意識して取り上げている方は多いようです。

この際、いくつか紹介させていただきます。








同感の至り。

民進党系列の野党には怒りを覚えるばかり。


オシマサ、僭越ながら斯く思うのです。

(再見)


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ