韓国の康京和外相の慰安婦合意に関する発言から思う!



オシマサ です。


今回は韓国の康京和外相の発言から思うこと。





まさに

「いいかげんにしろ」

と、言いたい内容でしょう。


今日の時事の報道であったもの。


同外相は日韓外相会談時の合意事項に関して

(2015年12月28日)

このように述べた様子。

「破棄や再交渉はしないが、日本側から元慰安婦に対する誠意ある措置が必要だという点を引き続き強調している」

要は韓国から

「あれせえ、これせえ」は言わないけど。


「オマエが悪い、日本が悪い」

これは違いないのでしょう。


そして

「その償いはお前、日本からすると言ってこい」

との姿勢です・・ね。


しかも

『和解・癒やし財団』は機能していないとのこと。

解散も検討とか?


というか、韓国政府がそのように追い込んだ

運び込んだことと思いますが、いかに。


何とも日本に対して強圧的なアグレッシブな姿を

示し続けるようです。


でもね。

これって、2015年12月28日

不可逆的なものとして合意したものでしょう。


やっぱし、康京和外相

あなた、おかしいですよ。


オシマサ、僭越ながら斯く思うのです。

(再見)


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ