日本の若き有権者は現実を見るべき! 韓国の丁世均議長が「日本企業は韓国の若者を雇用」「賠償も」と迫る!



いきなりだが、これ


韓国の若者を雇用しろ

また、また、韓国が無礼な行動に出ている!


韓国 平昌


ということで、今回は

「韓国って、こういう国なんだ!」

「話にならんな!」

・・と思うこと。





今朝、パラパラと産経を見ると

目を引くこんなタイトルの記事がある。

韓国の丁世均議長が大放言!
「平昌五輪、日本人観光客少なかったら東京五輪に1人も行かせない」
「日本企業は韓国の若者を引き受けろ」…
大島理森衆院議長らと会談で

(7月1日)

詳細は同記事を見ていただいた方が早いので

ここで伏せるものの


誰が来てどんな発言をしていたのか

それはこのとおり。


人物は韓国国会の丁世均議長。

大島理森衆院議長と会談し

終始エラソーに振る舞ったとされる御仁である。


とにかく、強圧的な印象を受ける。

発言を表すと、こうだ。


日本で韓国人を雇え

日本は景気がいいのだから、査証を簡素化して、韓国の若者を日本企業で引き受けてほしい

賢明な日本人であれば

「いやなこった」

であろう。


なぜ

日本人の雇用を奪われてまで

韓国人を雇わなければならないのか?

有効求人倍率が上がったと言葉は出るが、それは20代、30代の話であろう。40代以上の求人は決して喜べるものではないと思う

次に

選挙で選んだ大統領をろうそくの明かりで

弾劾に追い込む動きを持ち、反日行為に熱く

愛国無罪と言われる民族性を考えれば


何かと、日本国内で

不平不満の大合唱をすることも考えられないか?


少なくとも

慰安婦、徴用工の話題は尽きないだろう。


つまり

日本国内に新たな問題児を抱えることになる

と思うのだ。


続いてはこちら。


訪韓日本人観光客を増やせ

韓国の心配、今の懸念の一つに

『日本人が韓国に来ない!』ことがあるらしい。

その結果

「それはよくないから寄越せ」

・・と続くのだ。


これに関連して

平昌冬季五輪への日本人観光客に触れたものが

同記事にある。

「もし少なかったら」
「2020年東京五輪には一人の韓国人も行かせない」

・・と。


はっきり言って

日本が嫌いな韓国人は日本へ来なくてよい!

・・と思うばかりだ。


そして

韓国人はこのように自己を省みることは

ないのだろうか。

● 韓国に魅力がない!
● 韓国の努力が足りない!
● 悪口言う奴の傍に近づきたい奴はいない!

これに尽きると思うのだ。


それでは、さらにもう一つ取り上げる。


お金頂戴

今度はお金くれ!・・である。

日韓基本条約を無視し

歴史問題をあえて作り、絡んできたようだ。


戦後「BC級戦犯」とされた韓国人への戦後補償

要求してきたとある。


どうやら、とことん寄生虫のように

日本から引き出せるものがあるかぎり

むしり取る腹積もりらしい。


というわけで

韓国から来たトンダ闖入者の要求のあらまし

その大きな部分を表してみた。


ともあれ

繰り返しになるが、尊大・不遜な態度だけが

強く突き刺さる丁世均議長の来日と言えそうだ。


それにしても、不思議なのは

こんなけんか腰の姿勢で

話合いができると考えているのだろうか。


愚かに見える。


また、訪日する韓国の政治家で

これだけの要求を行う人物がいる現実から


文在寅政権はかなり日本に対し

イケイケドンドンと強気の姿勢がある

と思われる。


今後も韓国人が日本に来るたびに

強気で金の無心をすることは想像に難くない。


加えて、問題点と考える部分

このような韓国の要求があるごとに

日本政府がホイホイと乗せられ


過去から続くように

『日本人の血税を韓国に捧げたりしないか!』

ということ。


それをよく見るべきではないか。

日本人は皆・・。

いや、日本人であれば、そうあるべきか。

特に、若い人たちは・・ね。

若い人たち(有権者)は、若い人たちの税金が若い人たちのために使われず、こんな要求で韓国人が労せず生活するために使われるかもしれない。これを危惧した方がよいかもしれない。

ボーダーレス社会と言われるが

このような部分でボーダーレスが進む必要はない

と思う。


若い人たち(有権者)は

これからどの党が、どの政治家が

韓国のために汗を流すのか?

よく見極めた方がよいだろう。

奸賊 である。





最後は今の若者にのしかかってくるのだ。

なぜなら・・

これからの人生を一番長く生きるのだから。


俺、オシマサ、僭越ながら斯く思う。

(再見)


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ