『朝鮮半島』・・何気にそうなのかと思うこと、だけど、こういう声が一番大事!



オシマサ です。


今回は書籍『朝鮮半島』に関して思うのです。





何かといえば、こういう声が一番大事!

・・ということ。

池上彰氏の『朝鮮半島』に対する評価です。


はじめに、個人的に池上氏に対して

反感、反発心を持つものではなく

それなりに知見を持つ方と思います。


ですが、同時にフラグが立つのです。


多くの日本人が朝鮮半島に関して

真実との対比、評価ができないなら

平衡感覚を持つ、韓国、朝鮮の方の言葉にも

耳を傾ける価値はあるということ。


そこで、ツイッターから引用。


よく目を通す崔碩栄氏の言葉から。




一言言えば、著名な方が表すから

真実、まともとは限らないと思われること。


一番、よいことは平衡感覚のある韓国

あるいは朝鮮の方が言葉を挟んだ方が

信ぴょう性は高まる場合もあるのではないか

と思うのです。


もちろん、くどいながらも平衡感覚のある方

これは必須でしょう。


オシマサ、僭越ながら斯く思うのです。

(再見)

追 記

一応、参考までにアップしておきましょう。





 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ