ワンセグ携帯のNHK受信料不要か? さいたま地方裁判所は契約義務なし判断!



オシマサの広場へ、ようこそ!

今回はワンセグで受信料支払いが必要なのか。
これについて。

報道・メディアから流れるものを見る限りは
こうだ。

埼玉県朝霞市の市議会議員がワンセグ携帯へ
のNHK受信料は不要との訴えを起こしていた
とある。

俺が、まず頭に浮かんだことはこうか。
機器を持っているから、即受信料、金を払え!
という感覚が納得できない!
ということであろう。

そして、さいたま地方裁判所が示したものは
これだ。

ワンセグ付きの携帯電話を持つ人に対しだ。
NHK受信料の契約を行う必要はない。

つまりだ。
受信料を払う必要はないというものだ。

おそらく、多くの人は俺も含め納得している
のではないか。

争点というか論点はこれであろう。
放送法第64条第 1項にある受信契約を必要と
する受信機器に該当するかどうか。

ということだ。

だが、NHK側は受信料徴収を肯定している。
ワンセグも受信設備であり放送が受信できる
状況にある以上、契約義務はある。

しかし、さいたま地裁はこれを該当しないと
判断した!

よくぞ言い切った!という感じだ。

もし、逆の判断であればアトだしジャンケン。
何でもありということになると思うからだ。

ということで、受信契約及び受信料に関する
要はこれである。


放送法第64条第1項

協会の放送を受信することのできる受信設備
を設置した者は、協会とその放送の受信につ
いての契約をしなければならない。
ただし、NHKの受信を目的としない受信設備
又はラジオ放送若しくは多重放送に限り。
受信することのできる受信設備のみを設置し
た者については、この限りでない。


・・と長ったらしい。

しかし、争点になるということはどちらの側
からも自らの側に有利に解釈できる?
曖昧な条文、条項ということか。

ともかく、時代の変化に応じ技術の革新に伴
って機器が生れた。
NHK側のように、だからと言ってだ。

アトだしジャンケンのようにだ。
過去想定していなかったものまで含め受信料
徴収を図ろうとする姿勢はいささか乱暴では
ないか。

と思うのだ。

そのためか応戦するNHK側には分が悪かった
ようだ。

ただ、NHKは大いに不服の様子。

NHK広報局は「受信設備の設置についての解
釈を誤ったものと理解、ただちに控訴する」
とした趣旨のコメントを出している。

何が何でも受信料の徴収を図り、取れるとこ
ろから根こそぎ刈り取るような執念を燃やし
ているようだ。

これが最終的に最高裁判所まで連なるのか。
そのあたりは不明であるため。
最終的な決着は今しばらく、いや、かなり
アトになるかもしれない。

しかし、初戦はワンセグは持っているだけで
は設置に該当せず。

仮に設置に当たるとしても放送の受信が目的
ではないので契約義務はない。

とした訴訟を起こした側に軍配を上げた事実
は残ると言えよう。

それにしてもだ。
何かとNHKは力攻めのスタイルに見える。

今、一歩下がって謙虚にものごとを見ればだ。
少しは距離感を縮めた接し方をする人も増え
ると思うのだ。

であれば、イタリア地震の報道拒否のような
無様な姿を世間にさらすこともなかったので
あろう。

やはり、何か謙虚さが欠けている。

俺、オシマサ。
僭越ながら、かく思う。

(再見)


追記 2016.9.3

高市早苗総務大臣はワンセグ付き携帯電話も
受信契約締結義務の対象だと考えている。
との報道アリ。

他の人はどう思うかはわからないが、語るに
しても間を置かずに断定的に言葉を連ねると
ころがこの方の欠点であろう。

総務大臣の立場も理解するがもう少し熟考し
た姿もあった方が良いのではないか。

これは別の次元の話ではあるが、権力者然と
した印象が強い。

ともかくだ。
早い話が8月下旬のさいたま地裁による判断。

ワンセグ放送が受信可能な携帯電話を所有す
るのみではNHK受信料を支払う「義務はない」
についてだ。

高市早苗総務大臣はケシカラン!
「払いなさい」ということらしい。

であればだ。
自民党も衆議院選挙の時にこれを語るべきで
あろう。

まずは、どうなるのか今後もウオッチ!だ。

そして、この報道があったころだ。
こちらもある。

NHKから国民を守る党の代表

立花孝志氏がさっそく反応している。

さすが、早い。
こちらもウオッチだ!

(追記終了)


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ