かつては太鼓持ち芸人、ヨイショ 幇間 男芸者と呼べる職業があったらしい。つまりお金を払ってでも、持ち上げて欲しい人が、世の中にはいるってこと。これは今も変わらない。形は違うが面接も担当を喜ばせるコミュニケーション作戦だ!