オシマサの再就職活動日記 2日

離職票持ってハローワークへ

離職票 ハローワーク

話の節

1 ハローワークの雰囲気
2 受付の対応
3 雇用保険に関する職員 

ハローワークの雰囲気

今回はこちら。

俗称・・雇用保険

失業保険給付 に触れる。

そのために必要となるものが

離職票 だ。


正しき名称はこうなる。
『雇用保険被保険者離職票』
※ 退職した事実の証明

退職後の関係する手続きのために求められる。
そのため、最寄(住民票のある市町村)の管轄するところへ向かう。

もちろん、ここだよ。

ハローワーク(公共職業安定所)

ハロワークはいくつか近くにあるのだが
遠いが管轄とされるところに足を運ぶ。

紹介は全国各所で行うのだが雇用保険関連は管轄がある。

そして、この関係で足を踏み入れて感じたことはこれだ。

以前、俺が勤務した会社(人事担当の端くれ)で手続きのため訪ねたところと比べれば、何か明るさが乏しく見える。

まあ
ハローワーク事務所に就職するわけでもないのでどうでもよいことだが、場所によってカラーがあるのか?
・・と妙に俺自身は納得する。

さておき、ハローワークに俺自身のことをお願いするのは初めてだ。
それもあって、異質に見えているようだ。

また
俺は鈍感なのか、俺自身のことよりも周囲のやり取りに興味が向かう。

担当者の顔を見ながら異次元空間を楽しむようだ。

ところで、雇用保険の行為はこのようになる。

離職票を担当者に見せる

続いて、こうなる。

失業保険給付の事務をお願いする

それだけのことだ。
あえて仰々しく表したが、ハローワークへ向かう人たちの目的というか、その行為を行う多くの人を見て思うことだ。
この点がハローワークの特筆すべきものと思う。

続いて、失業保険給付の目的はこうなる。

労働者が何らかの理由で失業した場合に再就職までの生活安定、さらに就職活動の円滑な行為への支援

当然、これには条件というか必須的な重要な事項がある。

「再就職」が前提

もう少し言えば

再就職の意志がないと保険給付は受けられない!

ということ。


では、さらに話を進める。

とにかく
平たく言えば、無職の期間に何がしかのお金を頂戴するわけだから、待つ人は多い。

ほかに、この手続きを繰り返している人もいるようだ。
なぜなら、そういう人は手馴れているように見える。

・・とともに
いろいろな人間模様が目に入ってくる。
これが2日目の大きな収穫と言えようか。


離職票 ハローワーク

受付の対応

この部分はどうでもよいところでもあるが、勢いで表す。

やはり、所変われば品変わるという印象か。
受付の女性の案内次第で手続きの進み具合が変わる!

最初一階の受付で口頭でアレコレ言われたものの・・
「二回目でハローワーク内の部署配置までは把握できないよ!」と返したくなったが
そこは我慢して、途中すれ違う人に尋ねつつ、目的の部署に到達する。

雇用保険に関する職員

こちらの担当者はさすがと思えた。
ベテランであろう。
来訪者をビシバシ上手くさばく感じだ。

さばくとは不適切な言葉かもしれない。
しかし、実際そう見える。

ただ、急に口調が早くなる女性職員もいる。
その方向に耳をずっと傾けてみた。
どうも、来訪者の方もトンチンカンな感じだ。

だから、女性職員はイライラしたのだろう。
基本的には接客業と同じだと思う。
そのためか、気持ちはなんとなくわかる。

でも、最後は納得させたようだ。
結果オーライか?それはそれでよしの様子。

そのあと、俺の番!
ここに来た一連の顛末を伝えると。
「たいしたことはない」
と判断したのか、安心したのか!
とても言葉が穏やかに。

なぜなら、俺が勤めたブラック職場での就業期間は一年未満だ。
つまり、基本手当の受給資格はないのだ。
わかってはいたが「行きなさい!」と指示をされたゆえ

来ただけのこと。

ちなみに受給に関する根拠をここに表すとこうなる。

雇用保険法 第13条第1項

そこでは、このように・・

離職日以前の2年間
『被保険者期間』が「12ヶ月以上」必要

・・と表されている。

そこで、頭の中ではハードディスク化した脳が高速で回転し
「なるほどね」
となる。

こういうものは素直に聞くしかない。

しかし
何とかしたいと考える御仁の姿も目に入る。
言いたいことを話しつつ、いや、叫びつつ、何とかなると思ってのことか

食い下がる姿勢を持つ人もいる。

また、話変わって
この時に辞めた理由をブラック云々と言ってみたところで始まらない。
担当者にとり、それはどうでもよいことと思う。

で、この一連の見立てが、よそ様を見ての雑感。
・・・・・
俺はと言えば、 5分もかからず終了。
拍子抜けした感じだが担当の女性も一安心の様子。

お昼ごはんの時間だ。
気もはやったであろう。

ということで、俺の再就職はどうなるか?
それはわからないが、ハローワークは今回を含め四つを数えてしまった。
それだけは今言えることか・・
(ハローワークマニアではないのだが)

回想・・無職の気楽さ 贅沢だが飽きと限界は来る! そんな俺「ハローワークで求人票」でも【ブラック企業】は嫌だ!(6日目)




なお、ハローワーク(事務所)は概して、役所関係の中では感じのよいところと思う。

とはいえ、朝の朝礼も就業時間前なら手当等関連の対象になる!
と聞いた時は「いいねえ」と思ったのも事実。

ともかく、俺って能天気!

(つづく)


スポンサードリンク


追記 これも意識するといいかも!

桜の花に気が付きつつ サブロク協定と時間外労働の限度に関する基準を意識する!(37日目)




スポンサードリンク