オシマサです。

今回の考える話題はこれ

日本政府は外国人留学生の起業支援が先の様子、それでよいのか?

・・です。





元はこちら・・今日の報道記事の中で

目に入ってきたものです。

外国人留学生の起業支援 政府、特区でビザ緩和へ
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO49278060R00C19A9PE8000/

ザクッと見れば、こういうこと。

趣旨はこのとおり


● 外国人留学生の起業を支援するもの

● 地方の技術革新、産業振興、の活性化

おそらく、地方を、過疎化が進む地域を

「外国人の定住先へ」

との考えかもしれません。(憶測ですけどね。)


そして

政府が具体的に行いたいことはこちらでしょう。


● 国家戦略特区内での外国人定着化

(少なくとも、そう映る!)


そのための・・

● 外国人留学生が保有する査証(ビザ)の変更

経営管理査証(ビザ)へ切り替えを可能とする!

背景は理解できないわけではありません。肯定的に受け止める部分もアリという点で・・。
「優秀な外国人を逃さず日本へ取り込みたい!」という話があるでしょう。つまり、留学生が修学後一時帰国することで、日本での就業意欲がそがれるかもしれない!それを防ぎたいということ。それで経営管理査証(ビザ)へ淡々と切り替えさせたい思惑かと。

今後の流れとして、政府は次の臨時国会で

国家戦略特区法の改正案を出すとのこと。


しかし

本件、あえて拙のネガティブな視点で

言葉を持たせていただくと

根もとにはこれがあります。


政治に無関心な日本国民が多いことを利用し

(投票率はあっても5割前後の低さから判断)





知らないうちに日本を移民で染めていく施策が

進行しているようにも見えるのです。


そして

今回、拙が言いたいことはこちら


日本人の若者、修学者の将来の就職環境などで

日本政府は外国人に向ける施策以上のことを

しているのか?

ということ。


あれば、問題ありません。

ですが、今回ここで取り上げた本件ほど

日本人学生に便宜を図ったかに映るものはない!

と思うのです。


あるのでしょうか。

拙は慌てて調べてみましたが、目に入りません。


いささか、斜めにものを見る感じで

さらに言葉を発しますが

あまりにも、自民党と公明党の政権は

外国人によき顔をしたいのではないか

と思われて仕方がないのです。


ご覧の方はどう受け止められますか。

一応、拙は自民党、というか安倍首相を支持しています。それはほかに代わりうる方がいないと思うからです。しかし、外国人への施策に関しては、破格に映るものがあるにもかかわらず。なぜ現状、日本人の若い世代の就職を含む将来への施策が色濃く表れないのか不思議なのです。それゆえ、この政権はどこを向いているのかわからないと思う次第。次の国会では誠実な議員のわかりやすい質疑質問を期待するばかり。

オシマサ、僭越ながら斯く思うのです。

(再見)


スポンサードリンク