オシマサです。

今回の話題というか内容はこちら

パートタイム・有期雇用労働法への労働契約法第20条の統合で、不合理な労働条件の禁止は色濃くか!

・・です。





そして

取り上げたい点はパートタイム・有期雇用労働法

正式名称
『短時間労働者及び有期雇用労働者の雇用管理の改善等に関する法律』

同法第8条(不合理な待遇の禁止)が

現行法規の労働契約法第20条もベースとなって

できている点。

パートタイム・有期雇用労働法
(不合理な待遇の禁止)
第八条
 事業主は、その雇用する短時間・有期雇用労働者の基本給、賞与その他の待遇のそれぞれについて、当該待遇に対応する通常の労働者の待遇との間において、当該短時間・有期雇用労働者及び通常の労働者の業務の内容及び当該業務に伴う責任の程度(以下「職務の内容」という。)、当該職務の内容及び配置の変更の範囲その他の事情のうち、当該待遇の性質及び当該待遇を行う目的に照らして適切と認められるものを考慮して、不合理と認められる相違を設けてはならない。
労働契約法
(期間の定めがあることによる不合理な労働条件の禁止)
第二十条
 有期労働契約を締結している労働者の労働契約の内容である労働条件が、期間の定めがあることにより同一の使用者と期間の定めのない労働契約を締結している労働者の労働契約の内容である労働条件と相違する場合においては、当該労働条件の相違は、労働者の業務の内容及び当該業務に伴う責任の程度(以下この条において「職務の内容」という。)、当該職務の内容及び配置の変更の範囲その他の事情を考慮して、不合理と認められるものであってはならない。

これは

パートタイム・有期雇用労働法をまとめる上で

労働契約法の見直しが必要であったことを

表していると思われますし


労働契約法から同法第20条を取り除いても

同法は盤石に機能するとの起案者の自信も

伝わるかに見えます。

とはいえ
本当に労働契約法から第20条を取り除き、同法をクローズして「よかったのか」との疑問も生じるのです。この件は引き続きウオッチかと。

そして、経緯はともかくも

パートタイム・有期雇用労働法によって


同一企業内での正社員と非正規社員間での

基本給、賞与など考慮すべき待遇についての

不合理な待遇差を設けることの禁止

担保できる!

と、今のところ、見なしてよいのでしょう。


ということで

今回は法律の構成において

パートタイム・有期雇用労働法は

労働契約法もかかわりできている!

と触れたく、言葉を起こしてみました。


ホント、単にそれだけ、単純ですが

何かのお役に立てれば幸いです。


オシマサ、僭越ながら斯く思うのです。

(再見)

取り上げのきっかけはコレ




厚生労働省のツイッターも見ておくと

動きがわかりますよ。

(再再見)


スポンサードリンク