オシマサが見る日々のできごと、2018年1月11日を振り返る!



オシマサのハグレへようこそ!

2018年1月11日を振り返る

1 中国海軍潜水艦潜没でP3Cが確認 
2 安倍首相、平昌オリンピック開会式出席せず
3 崔竜海氏、党組織指導部長へ

少々、事象の発生日は当該日より前のものもありますが
気にせず続けます。


1 中国海軍潜水艦潜没でP3Cが確認

10日、中国海軍潜水艦、宮古島東北東海域での潜没航行
を海自のP3Cが確認とあります。
また、11日には尖閣諸島大正島周辺海域でも確認された
模様。合わせてフリゲート艦1隻も、ほぼ同海域で認め
られたようです。(産経、読売、時事 11日)

日本側が中国海軍の活動を押さえているようにも映りま
すし、中国が欲しいものを手に入れる時期が近付いてい
るようにも思われます。

政府は防衛省が必要とし望むものは与えるべきでしょう。
その思いに強く駆られます。



2 安倍首相、平昌オリンピック開会式出席せず

11日の朝、報道で表れていました。
安倍首相、平昌オリンピック開会式出席せず!とのこと。
当然でしょう。

日韓通貨交換の再開に関する協議も持ち上がらずの様子。
まあ、こちらも解消した経緯もいろいろとありますから
今の状況では、いくら文在寅大統領がエラソーにですね。
ツートラックとか言ってみても、進むようなことはない
でしょう。

真正な日本国民であれば、『お断り』となるは致し方が
ないと捉えるでしょう。



3 崔竜海氏、党組織指導部長へ

韓国統一部が明らかにしたものとされる内容。
産経紙の報道から、北朝鮮の崔竜海氏、党組織指導部長
へ就任した様子。

報道で表れる党組織指導部長の性格から、党副委員長の
立場でかつその職務を負うとなると、かなりの権力者の
位置に立つと思われます。
今後はいかに?
そのまま天寿を全うできるのか?
いささか妙な方向に関心を持ってしまいます。



※ 番号は一連です。

今回は時間切れでここまでになりました。
他にもありますが、まずは「いやはや、なんとも」と思
うものを取り上げています。

オシマサ 平昌

オシマサ、僭越ながら斯く思うのです。

(再見)

2017年11月17日から三代目が書きます

表現の傾向が変わるわけではありません。
文章が『である調』の終止形から『です、ます調』へ変
わります。
(2017年11月17日17:00からです。)



 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ