オシマサが見る日々のできごと、2017年11月18日を振り返る!



オシマサのハグレへ、ようこそ!

2017年11月18日を振り返る

1 アルゼンチン潜水艦の消息不明
2 能登沖の転覆船2隻から7遺体 
3 チベット自治区で地震発生
4 中国特使、崔竜海副委員長と会談 

少々、事象の発生日は当該日より前のものもありますが
気にせず続けます。



1 アルゼンチン潜水艦の消息不明

15日朝以降の話とあります。

南米南端にあるウシュアイア(Ushuaia)から、北方向
に向かうマルデルプラタ(Mar del Plata)への帰港時
のできごと。


オシマサ アルゼンチン


乗組員44人、全長約66mとありますので、小さいタイプ
の潜水艦でしょうか。
詳細はわかりませんが、航行予定の距離から頑丈そうに
映ります。

推進機関はディーゼル。
また、1985年就役とありますから、年数も数えている
ようです。
おそらく、改修を何度か行っているのでしょう。
今、2017年ですから。

もっとも、地図を広げて見ると、最短距離の進路を取っ
ていたように思われます。
沿岸部を航行し抜けた方が早く帰港できそうですから。

その他、消息が途絶えた範囲に関して。
アルゼンチン中・東部の海域を指し示すのか。
サンホルヘ湾、バルデス半島東方との表現もあります。
(時事、CNNなど)

ですから、航行予定の半分ほど過ぎたあたりで、不明と
なったのかもしれません。

さらに、頭に浮かぶものに、潜水艦の航行として、該当
経路は難易度が高いものか。
そうでないのか。

門外漢ゆえ、察するものはありませんが。
ともかく、何らかの障害で消息がわからなくなったこと
は想像できます。

また、女性潜水艦将校が乗艦していたことは少々特異で
すね。

何にせよ、乗組員の無事安全が望まれます。
※ 艦名は複数の報道から「サンファン」と。



2 能登沖の転覆船2隻から7遺体

これは先日の生存者3名の事案の関連ですね。
15日発見された北朝鮮の転覆漁船から3名の遺体と別の
船舶から4遺体が見つかったとのこと。

おそらくは北朝鮮関連との見立てのようですが、亡くな
ったことは気の毒なことととしても。
北朝鮮の人たちが日本の漁場に進出している。
しかも密漁している現実を知ると。

単純に転覆事故だけをクローズアップして、それで終わ
ってよいのか。
そんな疑問も感じますが。
政府の判断を見続けるしかないのでしょう。



3 チベット自治区で地震発生

18日朝、地震の報道がありました。
中国のチベットです。

起きた時間は北京と時差が一時間ありますから。
日本では07:34頃になるのでしょう。


オシマサ アルゼンチン


地震の発生が多いのはよく知られるところですが、今回
目を引くのはその大きさですね。

マグニチュード6.9とありますから、結構激しい揺れが
あったと思われます。
ただ、震源の深さが10kmとありますので、揺れた範囲は
それほど大きくなかったとも見なせます。

それに被害状況が報道に強くあがってこない様子。
情報統制を受けていることも考えられますけど。

ただ、インド大陸というかデカン高原が北上して、ヒマ
ラヤ山脈はじめチベット高原が盛り上がっているわけで
今後もですね。
地震は日本同様、頻繁に起こるのでしょう。

※ チベット自治区ニンティ市メンリン県



4 中国特使、崔竜海副委員長と会談

17日のできごと。
中国の特使、中国共産党中央対外連絡部の宋濤部長。
同部長は朝鮮労働党の崔竜海副委員長と会談した様子。

産経を見てのこと。

テーマは中国共産党大会の内容説明から、北朝鮮の核と
弾道ミサイル開発の行方に関するものでしょう。

たぶん。

程度はともかく、経済的に締め上げている中国の考えに
沿った結果。
これを導くことは、困難に見えますが、どうでしょう。

18日の今日、報道では見られませんが、金正恩委員長と
の会談があるならば、カモフラージュにしても。
何らかの動きが生じるかもしれません。

もっとも、憶測以外の何も浮かびませんが。

ともあれ、日本に取って望ましい流れが起こるのか。
少なからず、注目です。



※ 番号は一連です。

他にもありますが、まずは「いやはや、なんとも」と思
うものを取り上げています。

オシマサ アルゼンチン

オシマサ、僭越ながら斯く思うのです。

イメージ図はこちらから。
出典:国土地理院ホームページ
国土地理院地図の一部を加工
(http://maps.gsi.go.jp/help/
index.html#manual)

(再見)

2017年11月17日から三代目が書きます

表現の傾向が変わるわけではありません。
文章が『である調』の終止形から『です、ます調』へ変
わります。
監修は二代目が行いますので、大きな変化はないと思い
ますが、よろしくお願いします。
(2017年11月17日17:00からです。)



 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ