オシマサが見る日々のできごと、2017年11月10日を振り返る!



オシマサのハグレへ、ようこそ!

2017年11月10日を振り返る

1 米中首脳会談、まずは親密度強調か  
2 トランプ大統領のツイッター、飛ぶ!
3 トランプ大統領、北京からダナンへ 
4 希望の党の国会議員『共同代表』決まる! 
5 安倍首相の11日以後は?

少々、事象の発生日は当該日より前のものもあるが気に
せず続ける。



1 米中首脳会談、まずは親密度強調か

10日、今日でトランプ大統領の訪中は終わる。
昨日、首脳会談内容に関し、夜にいろいろと表れていた
が、複数の報道を見て思うことはこれ。

ともかく、米国と中国は親密度合いを強調した感じ。

そして、訪問の大きな目的はこの二つであろう。
〇 北朝鮮問題の解決、圧力強化へ
〇 貿易不均衡の改善、中国の輸出超過是正

だが、当座の繕い的な成果はあったかもしれないが将来
につながる進展はなかったように見える。

まず、最初の北朝鮮に向けた動きに関して触れると。
中国のそれは、国連の制裁決議に倣ったものを基準との
姿勢に映るし、米国が望むスピード感を持って北朝鮮を
屈服させたいものとは相反するようだ。

貿易不均衡に関しても、今回28兆円云々の買い物リスト
を示されて、お茶を濁された感じがするのだ。
確かに金額は大きい・・が。

NHKと日経他を見ると、中国が購入などするものは。
こんな感じか。

1  航空機(ボーイング)
2  半導体・電子チップ
3  航空機エンジン
4  食品・大豆
5  食品・牛肉
6  投資・天然ガス開発

そのあとの貿易関係が今までと同じであれば。
米国の貿易赤字傾向は変わらないだろう。

そもそも、その28兆円の実行の可能性はどうなのか?
取りあえず、大きく盛ったようにも映るのだ。

ただ、トランプ大統領はこれだけの数字があれば。
米国内に向けた訪中成果のアピールはしやすいかもしれ
ない。
(逆に日本の防衛装備品購入額は小さく映るかも。)

実際、同大統領がどのように受け止めているのか!
それはわからないものの、国内向けによい顔ができそう
に見える。

また、話は前後するが、これだけの大盤振る舞いを見れ
ば(数値上)、北朝鮮への圧力話はあまり強くできない?
かもしれない。
それも感じたりする。

ともあれ、そのあたりのトランプ大統領の満足度は。
APEC首脳会議で表れるかもしれない。
南シナ海の中国の進出状況へどのように触れるか!

注目である。



2 トランプ大統領のツイッター、飛ぶ!

意外と思うのも変だけど。
中国に到着してからも、トランプ大統領のツイッターは
北京から世界に向かって飛び出していたようだ。

最初、金盾の一つと言われるファイヤーウオールに妨げ
られるのかと思ったが、そうではない様子。

とにかく、トランプ大統領のツイッターを引き続き目に
入れることができたのはよかった。

今や毎日見ないと落ち着かないのだから。

それにしても、俺は単純ゆえすぐ驚き、また信じてしま
うのだが、中国でツイッターは無理と聞いていただけに
やり切っている米国はすごいと思う。

ちなみにこれも、すごい!
『米国と中国の強い関係づくりが楽しみだ』
とトランプ大統領が語っているつぶやき。



3 トランプ大統領、北京からダナンへ

トランプ大統領はベトナム・ダナンへ向かう。
APEC首脳会議参加へということ。

メラニア夫人は遅れて向かうらしい。
同大統領のツイッターを見ると、同夫人は万里の長城を
見学しているらしい。

何というか、泰然自若とした雰囲気が伝わる。
米国は大きい感じ。



4 希望の党の国会議員『共同代表』決まる!

玉木雄一郎氏が国会議員対応『共同代表』に選出された
とある。
希望の党の国会議員をまとめる代表として。

そして、所属の国会議員の投票結果はこうだったらしい。

 玉木雄一郎  39票
 大串博志  14票

※ 敬称略 総数53

今後、どうなるのだろう。
と、表現したが。
正直、どうなろうとあまり関心はない。

ただ、日本の将来に。
悪影響を与える活動をしないで欲しい!
それを望むばかり。



5 安倍首相の11日以後は?

10日、TPP11の取りまとめの様子。

〇 中国と首脳会談
・ 11日、習近平国家主席
・ 13日、李克強首相
〇 フィリピン・マニラ
・ ASEAN関連首脳会議
・ 東アジアサミット

・・らしい。



※ 番号は一連、できごとの関心度の高低を表さない。

他にもあるが、まずは俺が「いやはや、なんとも」と思
うものを取り上げた。
ということで、ここまで。

オシマサ 韓国

俺、オシマサ、僭越ながら斯く思う。

(再見)


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ