北朝鮮の弾道ミサイル発射兆候、政府関係者が報道メディアに流すなら! 同時に政府も強調した方がよいかも!


スポンサードリンク


オシマサの広場へ、ようこそ!

今回は朝というか、未明からネットを見ていると。
目を引く報道ニュースがあります。

それは北朝鮮が近い時期に弾道ミサイルを発射するかも
しれない兆候が観測されたというもの。

複数の政府関係者の話で分かったとされ、その中で発射
準備をうかがわせる電波信号などが捕捉されたとありま
す。

ただ、今や日本人の生命保護・財産保全に直接的な影響
を及ぼすと考えられる内容を政府関係者が、報道・メデ
ィアだけに語る流れは適切なんでしょうか。

弾道ミサイルを発射するかもしれない!
といった情報であれば、政府は正面切って国民に向けて。

「今、そのような危機が迫っているのだから」
「水・食料・医薬品の備えなどをして欲しい!」

などと、重複しても語りかけるべきと思いますが。
いかに。

ちなみに北朝鮮は日本越えの弾道ミサイルに関して。

「持っているぞー」

と、9月15日には再度示してくれましたが、日本へ確実
に到達可能なものは他にもあるようです。

ここに並べたものはそれに関連して過去の報道をベース
にしたイメージ。


まずは日本に届くと言われるものを広げるとこんな感じ。


北朝鮮 ミサイル


特に、5月14日は高度800kmほどで日本海に落下ですね。
水平方向に発射方向を変えれば、比較的長距離飛行する
とか・・言われていました。

続いて5月21日、かなり進歩というか脅威度が高まって
きたなと思えたもの。


北朝鮮 ミサイル


他に5月29日もスカッド級とか呼ばれるものが飛んだ!
との報道もありましたね。

これは7月4日です。
いよいよ、米国に具体的に挑戦の様子。
ですが、日本にも落ちる可能性はあるでしょう。


北朝鮮 ミサイル

7月28日はもっとすごいのです。
こうなると、ケンカ腰ですね。


北朝鮮 ミサイル


そして、8月29日、9月15日と続くのです。
両日は距離が長い、短いはありますが、一応8月29日を
広げてみます。


北朝鮮 ミサイル

という感じで、門外漢ながらもあれこれ意識はしている
のです。

でも、今朝の報道は何か違和感がありますね。
くどいですが、報道内容が緊張感を呼び込みそうな内容
であれば。
政府ももっと注意喚起をして、国民が自衛できる時間を
与えるようした方がよいでしょう。

そんな思いがわき上がるのです。

イメージ図はこちらから。
出典:国土地理院ホームページ
国土地理院地図の一部を加工
(http://maps.gsi.go.jp/help/
index.html#manual)

オシマサ、僭越ながら斯く思います。

(再見)


2017年11月17日から三代目が書きます

表現の傾向が変わるわけではありません。
文章が『である調』の終止形から『です、ます調』へ変
わります。
よろしくお願いします。
(2017年11月17日17:00からです。)

スポンサードリンク


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ