「希望の党」の民進排除劇! 拾ってもらえない阿部知子氏は恨み節、辻元清美氏は開き直る? 次は元に戻せと怒り出す?



オシマサの広場へ、ようこそ!

民進党、悲喜こもごも?
よくわからんけど、希望の党に引き取ってもらえない!
そんな事態がわかってくると。
すねるか、開き直るか!する人が登場へ。

まあ、こうなることはわかる。
だってね。
いらん子と、いる子の選別をしているわけで。

いらん子に選別されるだけでも気分悪いのに。
その結果が失職かもしれないとなれば、悔しさと怒りの
混ざった思いになるのは必定か。

無所属になれば、比例復活はまずなく。
現職時、比例の者はなおのこと、絶望的だからだ。

ということで、テレビで見た涙目のようなお二人。

阿部知子氏は「独裁者はいらんと」恨み節。
辻元清美氏は強がり。

お二人ともご愁傷さま!と気持ちは察するところ。

きっと「前原誠司のせいだ!」と思うのだろう。
大方の民進党前衆院議員は、そうではないか。

でも、両院総会開いて異議を申し述べなかったのだから
仕方ないよね。

そこは甘受しないと。
だからいっそのこと、民進党は政党助成金を持っている
のだから。
残余の民進党議員は民進党を母体にして立候補すれば。
よいのでは。

世間には広く、あぶれ者として知られたであろう。
そこで、それを逆手にとって、リベラルで小池百合子を
「やっつけてやる」と言ったら・・だ。

全員当選とはいかなくても。
そこそこ当選するかも、何ごとも作用・反作用。

前原誠司氏を無視し、立ち上がってみたらどうなんだ。
「選別するなら希望には参加しない」「私は行かない」
など余計なことは言わずにだ。

俺はいわゆるリベラルを信用していないので応援はしな
いが、議員としての意地があるなら民進党が存在する間
に仲間集めてトライすればどうかな。

俺、オシマサ、僭越ながら斯く思う。

(再見)

追記 ツイッターで見た排除名簿?

デスノートならぬデスリスト?
信憑性はどの程度のものかわからないが、ツイッターを
見る限り、目に飛び込んでくる。

該当する複数のつぶやきから同様な名前が見られるので
出元は同じで、中身もほぼ間違いないのだろう。

ともかく、広げてみよう。
それに、正規に伝えたものなのか、どうか。
それはわからないが。

もし、五月雨的に流れたのであれば、民進党への示威的
な動きにも映る。

力の関係を知らしめているのではないか。

それにリストに挙がった名前を見ると。
リベラル云々より扱い難い者が並んでいるようだ。
まあ、はっきり言えば邪魔者は排除ということか。

〇 菅直人
〇 野田佳彦
〇 岡田克也
〇 赤松広隆
〇 長妻昭
〇 枝野幸男
〇 安住淳
〇 近藤昭一
〇 辻元清美
〇 阿部知子
〇 篠原孝
〇 初鹿明博
〇 海江田万里
〇 手塚仁雄
〇 櫛渕万里
※ 敬称略

まあ、こう言っては何だが、戦いを放棄したら。
ヤラレルということではないか。
前原誠司氏、民進党代表は戦いより降伏を選んだのだ。

勝者に主導権を握られた結果。
豆を豆柄で煮られることになったのだろう。

細野豪志氏ら先発離党組がリベラル派を鍋で煮た!
そんな感じか。
(人に頼って何か成そうとするはダメなのだ。)

そして、小池百合子代表は小沢一郎氏と手法は違うが。
壊し屋に見える。

やはり、常に戦う意識は重要だと思う。

(追記終了)


 拙の考える糧 

 

ここでクリックしなくていいですよ。

関心のある方、メモしてね!




 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ