小池百合子代表は衆院選挙に出馬? お膳立てと勝利の時を考えれば他者に渡せまい! 若狭・細野両氏のリセットが物語ると思う!



希望の党 出馬

オシマサの広場へ、ようこそ!

唐突だが、俺は「希望の党」小池百合子代表が衆院議員
選挙に出る!と見ている。

当人は昨日も「それはない」と否定していたが、世論の
流れを見て、その思いが膨らんでくるようであれば。
それをダシにし、都知事を辞職し衆院選挙に立候補する
のではないか。

今、現在も政権交代を狙うような言葉を出しているのだ。
仮に自民党を凌駕するような事態になった場合。
今の状態であれば、誰にその権力を持たせたいのか。

いや、渡したくないだろう。
自分のものにしたいだろう。
だが都知事では首相にはなれないのだ。

そのためには衆院議員選挙を好機と捉えていると思う。

また、他人によき機会を譲るためにこの人物が自ら汗を
かくことはないだろう。

わざわざ細野と若狭の両氏をリセットし、前原誠司氏を
篭絡、民進党の適材と資金を確保するように動いたのも
小池百合子代表であろう。
であれば、最後、その成果を自身が握らないことには。
納得がいかないのではないか。

ゆえに必ず衆院選挙に立候補すると思う。

今は報道・メディア、特にテレビ局に少しずつ、出馬の
否定話を流させて、有権者にはそれもアリかと刷り込む
のではないか。
それをじっと、様子見であろう。

アトは誰かが、意図的であろうと、不意であろうと。
「小池百合子代表が衆院選挙に出たらよいのでは」
と言えば、一気にその流れが生じると捉えているのかも
しれない。

実際、すでにその兆候はあるようだ。
まずは小泉進次郎氏。
「私は、小池さんに選挙に出てほしい」と。
(スポーツ報知)

また、今日、菅官房長官も小池百合子代表を念頭に置き
こうだ。
「私は出てくるんじゃないかなと思っている」
(産経)
いずれも、立候補を宣言して、正面から政策論争をやる!
これが大事との趣旨のようだが、意図してかどうかは別
として、結果は種を蒔いている。

あとは報道メディアが世間を煽れば、公示日までにその
流れが膨らむのではないか。

と、俺は見ている。

そこで触れたいことはこれだ。
仮に立候補となった場合、都知事職を辞するわけだが。
それまでの実績を包み隠さず。
報道メディアは国民・有権者に知れるように流して欲し
いのだ。

でなければ、公正ではなかろう。

小池百合子という人物が如何なる能力を持って、いかな
る責務をこなしてきたのか、それを知らずしてだ。
政権選択選挙と呼ばれる衆院選挙の議員として、政党の
代表として適切かどうか、推し量れないだろう。

しかも、安倍首相の解散時の説明にもあったが、国難な
のだ。

国民・有権者も誤った判断はできない。
ここは小池百合子代表の都知事としての実績に関して。
豊洲市場移転、オリンピック準備などに触れてもらいた
いものだ。

もっとも、衆院選挙に出るとなればだ。
今、それぐらいの意識で見ている。

ともあれ、もう少し清廉な風がふけばよいのだが・・。


希望の党 出馬


俺、オシマサ、僭越ながら斯く思う。

(再見)


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ