『政権選択選挙』の報道もあるが、安倍首相の対抗馬は「希望の党」小池百合子代表か? となれば、都知事辞職の環境はどうする?



希望の党 都知事

オシマサの広場へ、ようこそ!

今日、国会の解散、衆院の選挙戦に事実上突入との報道
が多い。
同時にその中で、早速刺激的な表現が出ている。

毎日新聞を見ると気が付いたのだが、これだ。

『政権選択選挙』

ずいぶん先走っていないか。

まずは文字通り、解釈を試みるならば。
選択肢の一つはこちらか。
自民党と公明党が作る政権筆頭の安倍首相。

だが、対立軸、あるいは対抗者は誰になるのだ。
今まであれば野党第一党の民進党の前原誠司代表か。
しかし、同代表は「希望の党」の小池百合子代表に降伏
したわけであろう。

それもほぼ身売りした形で・・だ。
いかに言葉遊びをして、合流などと言ったところでだ。

「希望の党」の考え方に合致しない者は受け入れないと
の縛りがあるのであれば、それは合流ではない。
対等ではないからだ。

しかも、そこまでして「希望の党」の看板を頂戴しない
と選挙に戦えない。
それは事実上の屈服、降伏状態と言えるのではないか。

ゆえに前原誠司氏の線はないか。

また、他の野党を見て、自由党の小沢一郎氏、社民党の
福島瑞穂氏、共産党の小池晃氏もありえないだろう。
特に後者二人は参院議員だ。

となると、毎日新聞の意図する者は小池百合子代表か。
そうかもしれない。
なぜなら、若狭勝氏と細野豪志はすでにリセットされて
いる。
彼らが頭に上がってくることはないと思う。

ということで、小池百合子代表を、解散時、安倍首相へ
の対立軸にしたいと映るのだ。
つまり、小池百合子代表を持ち上げ、安倍首相を攻める
ことで政権交代の図を作りたいのではないか。

だが、東京都知事では首相にはなれないだろう。
そこでだ。
報道・メディアが考えるとすれば。
これが挙げられないだろうか。

小池百合子代表の国政登場の期待、待望論だ。

今日、毎日新聞は『政権選択選挙』との名を出した。
おそらく、続いては小池百合子代表を首相にどうか!
といった印象操作をする記事を上げてくると思うのだ。

どうだろう。

なぜなら、今の時点では小池百合子代表は衆院議員選挙
に立候補はし難い。
都知事であるからだ。

しかも都知事選挙は昨年行われたばかりであり、さらに
実績などは何もない。
残したのは混沌とした都政だけだ。

ここで自らの野望と我執のため都知事職を投げ捨てれば
世間からの批判が高まることは想像に難くない。

したがって、小池百合子代表が都知事を辞めても。
世間が許す環境が必要になると思う。

そのために報道・メディアが、この場合、先頭に立つの
は毎日新聞と思われるが、小池百合子代表の選挙戦参入
・期待を呼ぶ声を起こすのではなかろうか。

今はそのように捉えている。
それができなければ、小池百合子代表が都知事を辞めて
衆院選挙に立候補しても。
世のひんしゅくを買うだけであり、結果も芳しいものは
得られないであろう。

そのため、待望論を大いに巻き起こすことに報道・メデ
ィアは傾注すると捉えている。

もっとも、ここまで憶測である。
だが、これは考えられないことではない。

先の都議会議員選挙を見る限り。
報道・メディア、特にテレビの偏向報道を思い起こすと
あり得ない話でもなかろう。

とはいえ、人心を報道・メディアが操作、結果的に特定
の政治家を有利に導くかもしれない行為など許されない
と思う。

ゆえに、国民は今後の報道をしっかりウオッチし惑わさ
れないようにすべきか。

俺、オシマサ、僭越ながら斯く思う。

(再見)


 拙の考える糧 

 

ここでクリックしなくていいですよ。

関心のある方、メモしてね!



 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ