ワイドナショー三浦瑠麗氏の発言から! 北朝鮮への警戒心とスリーパーセルと言われる潜在的脅威(工作員)を表してはダメなのか?



オシマサの広場へ、ようこそ!

今回はこちら。

ワイドナショー三浦瑠麗氏の発言

・・で思うこと。

2月11日のフジテレビのワイドナショー。
ここでの三浦瑠麗氏の発言が少々、世間がですよ。
ワイワイガヤガヤ的になっている様子。

内容は北朝鮮の核・弾道ミサイル開発の動きがやまず。
このまま進行し米国と対峙。
結果、北朝鮮を含む半島部が戦火を被った際。

仮に金正恩委員長が亡き者となったとしても、ソウルや
東京などに潜伏する『スリーパーセル』(工作員など)
と呼ばれる北朝鮮の息のかかった人々が、テロを起こす
のではないか!

一般市民を装って潜伏している『工作員』や『テロリスト』が潜んでいる

つまり、潜在的脅威は常にあるということ。

ゆえに、そこまで国家の安全装置が働かないのであれば
(この部分は言っていなかったかな。)米国による先制
攻撃などは思いとどまってもらうのが賢明!
というものでありましょう。


三浦瑠麗氏と言えば、個人的な見方では頭はよいのだろ
うけど、何か偉そうにものを語る人との認識でしたけど
別に取り立てて、差別主義者とか、世の中を斜に構えて
見る人でもないと思うのです。

とはいえ、今回の発言は番組進行中から、フジテレビ側
が話題をほかに振っていましたから、このアト何かワイ
ワイは起こると思っていました・・ね。

ですからね。
やはり「起きた」と見て、さほど驚くような話でもない
のですが、大事なことは国の安全、治安を論じたら。

「アカン」と向かう声が立ち上がるところでしょう。

この部分が『スリーパーセル』以上に日本の怖いところ
と思うわけ。

しかも、今回の件、立憲民主党の国会議員らが問題視と
騒いでいる話もあり、なお、その思いを強くする次第。

悪質な差別煽動の恥ずべき発言
立憲民主党 有田芳生氏
(同氏のツイッターにあり)

番組では、拙の耳がおかしくない限り。
『スリーパーセル』を立憲民主党が差別扇動の対象者と
見立てる人たちとの表現はなかったと思います。

立憲民主党の動きは、自らをその分子と認め、擁護して
いる差別扇動の対象者をその対象と「見なせ」と言って
いるようにも映るのです。

彼らは自らをさらけ出したいのでしょうか。
不思議なことです。

三浦瑠麗 スリーパーセル

オシマサ、僭越ながら斯く思うのです。

(再見)

2017年11月17日から三代目が書きます

よろしくお願いします。
(2017年11月17日17:00からです。)


 拙の考える糧 

 

ここでクリックしなくていいですよ。

関心のある方、メモしてね!



 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ