産経・FNN合同世論調査から思う! 韓国は信頼できない国! 日本国民はそれを察した!



オシマサの広場へ、ようこそ!

今回はこちら。
産経・FNNの合同世論調査の結果を見てのこと。

世論調査、韓国信頼できぬ!

・・と思うのです。


では、少々細かく足を踏み込んでみます。

調査は20日、21日の極めて直近のもの。
複数の調査項目が目に入りますが、今回は韓国観に関し
触れてみます。

通じて思うことは、冒頭で大きく表しましたが、やはり
これに尽きるでしょう。

韓国は信頼できぬ!

そこでそれを推し量る世論調査結果の数値を見てみます。

まずはこちら。
『2015年日韓外相会談』時の慰安婦合意に関して。
文在寅大統領の新方針・考え方をどう思うか?。

 納得できない  90.8%
 納得できる  5.4%
 わからない、ほか  3.8%

続いて『政府が韓国側の要求をはねつける姿』に関して
これをどう思うか?

なんと、88.6% が支持とあるのです。

ここまで見て、十分、日本国民の底意を感じ取れるもの
が表れていると映ります。

そして、今後は反日行為、そして、朝日や、毎日などに
見られるねつ造、偏向報道は通じなくなりつつある!
それも示していると思うのです。

つまり、日本国民は真実を知りつつあるということ。

基本的に日本国民は日韓慰安婦合意というか、慰安婦で
「これ以上翻弄させられてたまるか」と考える人が多い
と思われるのです。

また、この調査でほかに目を引く箇所は政党支持率です。

自民党は40%台、広く支持を集めている様子。
上昇していることから、少なくとも現在政府の韓国対応
は広く受け止められていると見てよいのでしょう。

一方、希望の党、民進党はそれぞれ先回調査より落ち込
んでいます。

先般の会派を統一するしないの揉めごとも要因に上がる
かもしれません。
ともかく、国民に相手にされないダメダメ勢力になった
ということ。

また、日本維新の会は3.0%と伸ばしています。
今国会の動きに期待したいものです。

 自民党  40.8%
 立憲民主党  14.8%
 公明党  4.1%
 共産党  3.4%
 日本維新の会  3.0%
 希望の党  1.3%
 民進党  0.7%

なお、ほかに読売などの各紙が調査を行うと。
より日本国民の韓国を見る目・傾向が浮き上がると思わ
れます。
ですので、そちらも是非、望みたいもの。

ともあれ、日本国民の隣国韓国を見る姿勢が変わりつつ
ある!
それは察するのです。

産経 世論調査

オシマサ、僭越ながら斯く思うのです。

(再見)

2017年11月17日から三代目が書きます

表現の傾向が変わるわけではありません。
文章が『である調』の終止形から『です、ます調』へ変
わります。
よろしくお願いします。
(2017年11月17日17:00からです。)


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ