沖ノ鳥島は岩ではない・・日本の島! 国際法(国連海洋法条約)に基づくハーグの常設仲裁裁判所の判決を受けた中国はナンクセ?(再掲)



沖ノ鳥島は岩ではない

今回は「沖ノ鳥島」に関し最近の報道からあれこれ考えます。
(これは知るべきと思い復活、2016年7月15日の再掲)


沖ノ鳥島 国連海洋法条約


最初に中国が7月12日に受けたオランダ・ハーグの常設仲裁裁判所(国際仲裁裁判所)の判決結果に不服なことは十分世間に知られるところでしょう。

ところが、その腹いせなのか、どうか。
そのあたりはよくわかりませんが、従来からナンクセをつけていた!「沖ノ鳥島が島ではない」との主張をですね。
再び持ち出し、大きな声で騒ぎかねない状況の様子。

もっとも、中国にとって「沖ノ鳥島」は西太平洋へ、第2列島線を越えるためには目障りな存在であること。
それは想像に難くないでしょう。

困ったものです。

話の節

1 沖ノ鳥島に関する日本への主張
2 国連海洋法条約の島って何だ!


沖ノ鳥島に関する日本への主張

多くの人がご存知のとおり「沖ノ鳥島」は小笠原諸島の一つの島であって日本の最南端になるのです。
行政区分的にはここですね。

東京都小笠原村

海上保安庁資料の国連海洋法条約に基づく領海、排他的経済水域等の区分がわかるものを見ると「沖ノ鳥島」の価値がよくわかります。


沖ノ鳥島 国連海洋法条約


出典:海上保安庁ホームページ
(http://www1.kaiho.mlit.go.jp/
JODC/ryokai/ryokai_setsuzoku.html)


それでは、今現在の中国の主張は何か。
これに触れてみましょう。

最初に「沖ノ鳥島」は中国、台湾、韓国から攻撃ならぬ口撃の対象となっているのです。

そして、彼らの攻めの切り口はこれになります。

「沖ノ鳥島」は島としての要件を具備していない!持っていない!

そのように主張しているとのこと。

同時に、この背景は何かとあれこれ見ると、「やっぱり」と思うものにすぐ気がつきます。
卑近なものでは7月12日にオランダ・ハーグの常設仲裁裁判所(国際仲裁裁判所)の判決です。

これはフィリピンが、南シナ海での中国の横暴に業を煮やし申し立てたもの。
簡単に言えば、「南シナ海は中国のものではない!」と訴えたのです。

この異議は当該海域の島々が「『国連海洋法条約(海洋法に関する国際連合条約)』に基づくものと明確に示してくれ!」ということでしょう。
結果はフィリピンの言い分に軍配が上がったわけです。

これで中国の主張する南シナ海の『九段線』に囲まれた海域は「中国のものではない」と、『中国の主権の否定』ですね。

ですが、中国は常駐仲裁裁判所の判決を受け入れる姿勢はなく、同判決を「紙屑」と言い放つなど、世界のならず者にふさわしい対応を示しているのです。

また、これに関連して安倍首相は7月15日のアジア欧州会議(ASEM)で李克強首相と会談しましたが、中国の歩みよりはない様子。
とどのつまり、常駐仲裁裁判所の判決に聞く耳持たぬ!との姿勢は変わらないのです。


そこで、話を戻しまして「沖ノ鳥島」です。

この一連の流れで、結局、中国は常駐仲裁裁判所の判決への不満を表すため、対象をフィリピンのみならず。
日本にも鉾先を向け始めたのではないか!

揺さぶりですね。
幼稚な仕返し、意趣返しのつもりでしょう。
「南シナ海が認められないなら」
日本の「沖ノ鳥島」もダメだよ!ということかもしれません。


ところで、ここでいう「南シナ海が認められないなら」とのあてこすり対象は、従前から中国の『岩でも島と見ているのだ!』との趣旨を常設仲裁裁判所が理解しなかったことに行きつくかと思われます。

そのため日本政府も毅然とした姿勢を示す必要があると感じたのでしょう。
菅官房長官が14日の記者会見で「沖ノ鳥島」に触れていることからもわかります。

国連海洋法条約上の要件を満たす島だと考えており周辺に排他的経済水域(EEZ)を設定している

このように強調しているのですから。


国連海洋法条約の島って何だ!

ところで、島って何でしょう?
もめる争点の一つが『島であること』なら、そこが肝要ですよね。

一般的な辞書などに目を通すと、最大公約数的にはこうなるようです。

大陸より小さく四方を水域に囲まれた陸地

言われれば「そうだな!」とうなづきます。

そこで、国連海洋法条約の定義を見ると、さらに突っ込んだ表現になっており、しかも細かいのです。

こちらが該当する部分です。

第8部 島の制度

第121条

そして、中身はこのとおりとなっています。

島に関して。


1

 自然に形成された
 陸地ということ



2

 水に囲まれていること



3

 高潮時に地表が
 水面上にあること

ここまで見る限り。
「沖ノ鳥島」を島と認知することにはばかるものはないですよね。

ただ、ナンクセをつける中国の言い分は同条の次の内容を該当させたいように映ります。

人が住生活を行えず経済的な取り組みができない岩には排他的経済水域あるいは大陸棚を許容せず



もし、この部分で常駐仲裁裁判所が日本側の主張に難色を示すことになると、ちょっとイヤラシイというか面倒くさいことになるかもしれません。

おそらくはそうさせじと、菅官房長官は先手を打って、島であることを強調したのでしょう。

そもそも日本が自国の島であると、領有を主張したのは昨日今日ではないのです・・から。


続いて、こちらを考えてみます。
なぜ『島であること』を強調するのか?したいのか?

あるいはナンクセが及ぶことを危惧するのか?
それは国連海洋法条約で『島であることが根拠』で定まるものがあるのです。

 領海
 接続水域
 排他的経済水域
 大陸棚



これを見るとなるほどとなります。
少なくとも上から三つのものは中国にとって都合が悪く映るかもしれません。

中国は第ニ列島線まで進出したい!
それはかの国が隠しもしない願望、野望でしょう。


そうなると、日本はいっそ硫黄島のように「沖ノ鳥島」にも海上自衛隊基地あるいは気象観測所などを設けてはどうでしょう。
それであれば国益を守れるかもしれません。

ともあれ、日本は島を一つと言えども不当な要求で渡してはならない!
と、意識が強まるばかり。


オシマサ、僭越ながらかく思います。

(再見)


追記 2016.8.28

「沖ノ鳥島」とは違いますが、小笠原諸島の東方海域の「南鳥島」に触れた記事がありました。
「南鳥島」を中心とした海域にレアアースの宝庫があるとの見立てが出ていたのです。

たとえば、マンガンノジュールの分布域が約4万4000平方キロもある話とか。
(産経、毎日 2016.8.28)

これからも排他的経済水域は無限の可能性が考えられるでしょう。
ですから、「沖ノ鳥島」も奪われないようにしなければと思うのです。


2017年11月17日から三代目が書きます

表現の傾向が変わるわけではありません。
文章が『である調』の終止形から『です、ます調』へ変
わります。
よろしくお願いします。
(2017年11月17日17:00からです。)


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ