「北朝鮮による弾道ミサイル発射に抗議する決議」採択後の安倍首相へのヤジがひどい! また、投票しない議員は何者?



オシマサの広場へ、ようこそ!

今回は4日の参院本会議でのできごと。
とても大事な内容が採択されたのです。

内容はこちら。
北朝鮮による弾道ミサイル発射に抗議する決議

まずは一歩、よかったというものでしょう。
そして、同時に言い表したいものがこれ。

安倍首相が北朝鮮への圧力強化や拉致問題に関し触れて
いる時の野党議員の下劣なヤジ。
これに怒りを禁じ得ません。

ただ、参院のネット配信中継を聞く限り。
僕の耳では特定に至りません。
ですが、ツイッターなどを見ると、その行いの議員諸氏
少なくとも二人はいる様子。

名を見れば、「ああ」となるわけですが。
少なくとも、選挙民を愚弄していることは間違いないで
しょう。

この議員たちを指さして。
「日本を、有権者を、国民を守る気ないですよ!」と。
僕は言いたいぐらいです。

しつこいですが、少々腹立ちの思いも込めて表します。


また、この採択に関して、もう少し触れますと。
全会一致とはなっていますが、その投票数は237です。

参院は242が定数ですから。
とすると5人が投票していないことになります。
ただ、伊達忠一議長は投票しませんから。
残りは4人。

そこで、参議院のホームページで投票結果の欄を調べて
見るとわかりました。

 民進党・新緑風会  牧山ひろえ
 公明党  高瀬弘美
 希望の会(自由・社民)  山本太郎
 沖縄の風  糸数慶子

※ 敬称略。

この方たちは、おそらく日本人ではないのでしょう。

まあ、僕のような門外漢が高邁な志を持つとされる議員
諸氏に語るのも変ですが、投票は議員の責務と思います
ので、しっかりなさって欲しいものです。

また、投票しないは『賛成しない』に通じると思います。
ですので、今回の採択内容を考えると。
そういう方は日本に住まない方がよいでしょう。

なぜなら、「お国を守ろう」とする意志を感じません!

北朝鮮 安倍首相

オシマサ、僭越ながら斯く思います。

(再見)


2017年11月17日から三代目が書きます

表現の傾向が変わるわけではありません。
文章が『である調』の終止形から『です、ます調』へ変
わります。
よろしくお願いします。
(2017年11月17日17:00からです。)


 拙の考える糧 

 

ここでクリックしなくていいですよ。

関心のある方、メモしてね!



 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ