平昌オリンピック、南北『統一旗』を掲げるかの有無に関わらず! 北朝鮮は美林(ミリム)で軍事パレードを行う様相か?



オシマサの広場へ、ようこそ!

今回はこちら。

美林の軍事パレードは進む?

・・で思うこと。

今、報道、ツイッターで見ると。
北朝鮮の平壌近郊にある美林(ミリム)の飛行場が話題
になっています。


北朝鮮 美林

イメージ図はこちらから。
出典:国土地理院ホームページ
国土地理院地図の一部を加工
(http://maps.gsi.go.jp/help/
index.html#manual)

特に『38North』を見ると。
2月8日「朝鮮人民軍創建日」に向けて準備が進んでいる
とありますから、穏やかならぬものがあります。

とにかく準備中でしょう。underwayですから。

また、今までの報道で目に入るものでは規模に関してで
すが、約12000人の軍人、約50台の砲車など。

これ以外にも北朝鮮のことです。
『38North』にある画像を見る限り、これを超えるもの
があるのかもしれません。

北朝鮮・・侮れません。
片手で握手をしながら、片方の手は力を込めて拳を振り
下ろせるようにしているのですから。

こうした姿勢を見ると、文在寅大統領と同政権はもはや
政治的には相手にならないように見えます。
何か韓国政府は私欲というか、自らの名誉欲に駆られて
いるとしか映らないのです。

まさに平和の祭典の時期が危機に見えてきます。

ともあれ、平昌オリンピック、南北『統一旗』を掲げる
かの有無に関わらず、金正恩委委員長は文在寅大統領を
侮っている証左でありましょう。

北朝鮮 美林

オシマサ、僭越ながら斯く思うのです。

(再見)

2017年11月17日から三代目が書きます

表現の傾向が変わるわけではありません。
文章が『である調』の終止形から『です、ます調』へ変
わります。
よろしくお願いします。
(2017年11月17日17:00からです。)


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ