金正恩委員長、北京詣で開始!? その先は習近平国家主席と手をつないで「ルンルン」極東アジアをわがものへ?


スポンサードリンク


やるなあ、金正恩委員長!

『北京詣で』か?

報道には北京入りを肯定したもの、可能性言及にとどめるものありと多様ですが、入った前提でちょいと語ってみましょう。

とにかく、ここで頭にヒットすることは、弾道ミサイルの開発も進んだし、ここらで実績を誇示して「話をしましょう」ってか!

ですよね。





別に特段、褒めているわけではないけど。
今の日本の政治状況を考慮すれば、よくても悪くてもはるかに大人の動きができるし、政治を行う印象は伝わります。

金正恩委員長のこと。
サッと動ける、行動する印象はありますよね。
くどいけど、北朝鮮礼賛ではありません。
拙は北朝鮮、日本で騒ぐ朝鮮総連もノーサンキュー、今の状態ならね。

ともかく、本当に北京にお召列車か何かわかりませんが、鴨緑江を越えて入ったならすごいと思うわけ。

そして、これは米朝首脳会談前のすり合わせ?





同時に思うことは、このあと素直に米国が首脳会談を行えば、完全に日本は蚊帳の外になるのかな?
このあたり、気になります。

つい先日までは、習近平国家主席が米朝の外に追い出された感じがあったけど。
一気に逆転ホームランで前にせり出した感じもあります。

何と言っても、中朝の首脳はともに、永遠の指導者の立場って意味では、今や同じでしょう。
先日の『全人代』で習近平国家主席はそれを手に入れたかに見えますからね。

そのため、気持ちも互いに親近感が増していたりして・・。

アジアは独裁で行こうよ、レッツゴー!

・・かもよ。

ということで、北京にお召列車らしきものの到着から、ふと思うこと。


また、もう少し加えると、こうも捉えるわけ。
金正恩委員長、今回の『北京詣で』が事実なら、政治家としての天才肌を露出したかも。
なぜなら、すばらしいタイミングとも言えるでしょう。

貿易戦争の真っただ中であり、北朝鮮制裁連携中の米中両国間に割って入ったのですから。

中国を俺様のところに持っていくぜ!

・・ってか!

結果、その先は習近平国家主席と手をつなぎ利用して。

「ルンルン」極東アジアをわがものへ?

背後に対等のように中国を付ければ「怖いものなし!」って感じでしょう。





やばいよ、日本、どうする?
阿呆な野党に囲まれて、いずれは日本人は奴隷なの?
いやだな。それは・・・。

オシマサ、僭越ながら、斯く思います。

(再見)

追記 産経紙、見て 27日13時

タイトル『北京訪問の要人は金正恩氏』から。

中朝双方は今年初めから金正恩氏の訪中時期などについて交渉していた。中国側は、北朝鮮が核放棄に向けて取り組む姿勢を示すことを金氏訪中の条件にしていたという。今回、訪中が実現したことは、北朝鮮から前向きな回答を得た可能性がある。

この内容から、中国は北朝鮮に自制を求め続けてきたものと見なせるのでしょう。
少々、拙が今回の件で触れた中朝の接触から危惧するもののトーンを下げます。

この産経紙にあるものが事実であれば、少なくとも今の時点で、中国は世界貢献に寄与していると見て、よいのかもしれません。

(追記オワリ)

スポンサードリンク


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ