新潟県知事選挙結果から、花角英世氏の勝利へ佐渡市の力も大きい!



オシマサ です。


今回は新潟県知事選挙の結果に関して

佐渡市の力も大きい!

と、思うことです。


花角英世氏の勝利!





新潟県民の皆さん

そして、日本国民の皆さんに対して

本当によかったことと

お喜びを申し上げます。

※ 僕も日本国民の一人ですけど。


と、まずは存念を述べさせていただきまして

続けます。


選挙結果を見ますと

特に得票数の大きいところは

佐渡市が特筆してあがってくるでしょう。


さすが、花角英世氏の出身地です。


一部では、花角英世氏を県外の人だから

ふさわしくないとする声もありましたが

そうではありません。


そして、それを示す結果を

出身地、佐渡は見せてくれたと言えそうです。


また、得票率では粟島浦村がもっとも高い様子。


基本、花角英世氏は

新潟県内でも郡部地域で

手堅くまとめていったのでしょう。


逆に見ると

都市部では野党推薦候補を支持する声が

野党の組織票として顕在化していることを

表している!


そのように見なせそうです。


怖い状況です。


想像以上に反日野党の影響は

都市部県民へ浸透しているのでしょう。


そうしたことを思いつつ、ツイッターを見ると

拙の思いを表してくれるようなつぶやきを

見つけます。


こちらはとてもわかりやすく。

すばらしい。

ともあれ

花角英世氏はじめ、その支持者の皆さん

「勝って兜の緒を締めよ!」

と言われます。


反日野党の左翼勢力に足元をすくわれないように

今後のご健闘を願いたいものです。


また、自民党は

野党のように新潟県を国政利用することなく

淡々と地方行政の改善支援を願いたいものです。


オシマサ、僭越ながら斯く思うのです。

(再見)


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ