沖縄・名護市長選挙終わる! とぐち武豊氏、長嶺進氏を押さえ当選へ! 翁長雄志知事の動きにブレーキをかける一手になるか?



オシマサの広場へ、ようこそ!

今回はこちら。

沖縄・名護市長選挙終わる!

・・で思うこと。

すごいですね。
唐突ながら、そのように思います。

沖縄県の名護市長選挙、3400票差もつけてですよ。
『とぐち武豊』氏が当選したのです。

今回の選挙結果を見る限り、市民の基地移設への判断
があったと見られますし、若者・勤労世代と年輩者・
リタイア組の情報量の差を示す象徴的な選挙とも言え
るでしょう。

ともかく、よかった!
その印象は大です。
これで中国や韓国の影響を受けたかに映る!辺野古で
の妨害を支持する政治勢力を弱らせた感じもあります
からね。

何よりも、名護市民の人々の生活がパンダより優先!
との結果が表れたことは喜ばしいのです。

合わせて、翁長雄志知事の過激な動きへ。
ブレーキ効果が生まれれば幸いでしょう。

ところで、名護市の市長選挙に戻って、投票率を見る
と、76.92%と報道(NHK)では表れています。
想像以上に名護市民は意識している!
と、拙は少々、驚いてもいます。

3400票の差を持っての結果です。
これは名護市民の熱い思いを取り込んだ結果でありま
しょう。

 とぐち武豊  20389票
 稲嶺 進  16931票

※ 結果はNHKから。敬称略 

続けて、話を進めますと。
基本的に名護市民の多くは現実的に世の中を見ている
と思われます。
特に『米軍基地移設』と『市民生活』『雇用と経済』
を念頭に置いていたのではないでしょうか。

それは地元放送局の出口調査を見れば、頷けるものが
あるのです。
有権者が望む政策の分野ではこのような結果も目に入
ります。

 基地問題  57%
 教育、子育て  14%
 経済、雇用  13%
 医療、福祉  9%
 市街地活性化  4%
 財政健全化  3%

これから、投票の際に『基地問題』は判断材料に上が
っているのでしょう。
ですから、名護市民は『米軍基地問題』の解決に関し
現実的に見ていると思われ、政府施策に賛成の風アリ
かと。

要は『米軍基地移設』で対応せざる得ないと見なして
いる!
と思われること。

さらに地元の出口調査を見ると、こういうものもあり
ます。

年齢別の投票先です。
OTV開票速報とあります。
(OTV:沖縄テレビ放送)

 10代  稲嶺 37%  とぐち 63%
 20代  稲嶺 38%  とぐち 62%
 30代  稲嶺 39%  とぐち 61%
 40代  稲嶺 41%  とぐち 59%
 50代  稲嶺 38%  とぐち 62%
 60代  稲嶺 65%  とぐち 35%
 70代  稲嶺 68%  とぐち 32%
 80代  稲嶺 67%  とぐち 33%
 90代~  稲嶺 86%  とぐち 14%

これを見て多くの人は、次のとおり感じるでしょう。
若い・勤労世代はとぐち武豊氏を推す傾向が強いこと。
そして、年輩者・リタイア組は反対に稲嶺進氏を推す
傾向があること。

また、さらに目を凝らして見ると、次のようなことが
頭に浮かんできます。

有権者は両候補の主張を受け止めた結果、とぐち武豊
氏の考えを是として、同氏を選択したこと。
それは選挙結果から言うまでもないのですが。

同時にその結果を基準に有権者の判断を是とならしめ
たものは、取り入れることができる情報量と質の差に
よるのではないか!
・・とも思われるのです。

つまり、判断に必要な情報をもたらす媒体の数、その
質も関係しているのでしょう。

若い・勤労世代は、ツイッターはじめインターネット
から取り入れるものが多く、その分野ではものごとに
関して『是』とするものもあれば『否』とするもの。

両方がありますからね。

そして、そこから自身が正しきものを選択して判断に
供していると考えられるのです。

一方、年輩者・リタイア組は、既存媒体のテレビとか
新聞から受け取る情報が多いというか。
ほとんどでありましょう。
一方通行であるのです。

加えて、沖縄では中国に寄るなど偏向的な報道が多い
と言われます。
それであれば、年輩者・リタイア組の稲嶺進氏、また
翁長雄志知事を是と見る姿が、多くなるのはやむなし
かと。
そのように捉えるわけです。

そこで、今年の秋には知事選挙があります。
先走りながらも、どんな結果が生まれるか大いに期待
が膨らみます。
・・と、話は尽きませんが。

ともあれ、そのような名護市長選挙でもあった!

翁長雄志知事の動きにブレーキをかける一手になる!
との意味でも。
間違いないでしょう。


なお、報道・メディアをいくつか眺めると、名護市長
選挙に関連してこちらの選挙結果も目に入ります。

〇 長崎県知事選挙 中村法道氏当選 自民党推薦
〇 山口県知事選挙 村岡嗣政氏当選 自民党推薦

投票率30%台、この低さは「いかがなものか」と思い
ますが、まずは当選「よかった」でしょう。

とにかくも日本がよき道を進むこと。
それを願いたいものです。
中国、韓国に振り回されない国になることも。

名護 市長選挙

オシマサ、僭越ながら斯く思うのです。

(再見)

2017年11月17日から三代目が書きます

よろしくお願いします。
(2017年11月17日17:00からです。)


 拙の考える糧 

 

ここでクリックしなくていいですよ。

関心のある方、メモしてね!



 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ