蓮舫氏、人格攻撃か「普通は人と違う」、参考人招致の柳瀬唯夫氏へ、ブーメランでは?



オシマサです。


今回は昨日の参考人招致の件。

対象は経産審議官とされる柳瀬唯夫氏。


そして、こちらへ鬼にも映る姿で迫る

立憲民主党・蓮舫氏!

そこで、その質問姿勢、当たり方を見て

思うのです。

何ごとも、自らの姿を優勢に見せて

有権者にアピールかもしれません。

それによって、その後の野党議員として

不労所得確保に邁進でしょうか。


おそらくはそんな考えもあってのことかと

想起されるほど。


他者を完膚なきまでに痛めつける姿勢は

外道の域に到達かと見紛うばかり。


己自身の見立てどおりに展開しなければ

容赦はせぬとの姿勢は、かつて赤軍派の粛清!

その流れを思い起こさせるものがあります。


いわゆる、総括、人民裁判であり

つるし上げにほかならないと思うのです。


ところで、蓮舫氏の信じる根拠は何でしょう。


これは質問を通じたものから推し量ると

愛媛県のメモ書き、備忘録と思われますが

これを絶対視してよいのでしょうか。


これを前提で

参考人・柳瀬唯夫氏を罵倒するかの如き扱い

そのような姿勢は

決して許容されるものではないでしょう。


このあたり、柳瀬唯夫氏の発言を拾って

考えてみます。

備忘録があちこちに配られ、マスコミに出て、それによって信用力を高めたのは、とっても変な話だと思うのです。メモを取った方が、常に後で、こうだと言うのは流石におかしい

この部分をネット配信の記録動画で

何度か見直しましたが

問題のある答弁でしょうか。


柳瀬唯夫氏の発言はまっとうに耳に入るのです。


むしろ、そこへ、続く、蓮舫氏の乱暴な表現・・。

そちらの方に大きな違和感を覚えますね。


また、他者をなじる必要性がわかりません。

不思議な人物です。

いや、鬼かもしれません。

もちろん、蓮舫氏のことです。


あの猛々しさは

いったいどこからほとばしるものでしょう


正直、国会議員として、誰が選んだのか?

問いたくなります。

国民でしょうけど・・ね。


とにかく、拙は、この質問の姿を見て

こういう方は、審議拒否していただいて

永久に国会の足を踏み入れて欲しくない!

そのように思うばかり。


おそらくは

報道・メディアが立憲民主党ほかの野党に忖度!


もっとはっきり言えば

「えこひいき」の現状を持つためと思われますが

そもそも、蓮舫氏に国会議員の立場をもって

他者を責める資格があるのでしょうか?


それは、この発言からもうかがい知れる

と思うのです。

柳瀬唯夫氏に向けて発していました。

あなたの『普通』は人と違う

これは『人格の否定』ではないのでしょうか。

この時、蓮舫氏、自分でも笑っている様子。

そのように見えます。


ほかにもありますよ。

おかしいのは・・あなたの記録と記憶が全部ないこと!

この表現を蓮舫氏は使えるのでしょうか。

同氏は過去の二重国籍疑惑において

その説明責任ではかなり適当な発言を数多く

繰り返してきたではありませんか!


何が、ここまで強気にさせ、鬼にも映る姿に

させるのでしょう。

いわゆるブーメラン現象を起こさせるもとになる

と思いますが、いかに。


政治家であれば、もっと、必要な言質を取り

感情を交えることなく、粛々と

公正に判断する流れへ導けないのか

と思うのです。


残念を通り越し、不審と不信感しか覚えません。

そして、蓮舫氏には今、脚下照顧が必要かと。


オシマサ、僭越ながら斯く思うのです。

(再見)


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ