韓国「光復節」での文在寅の演説! 日本にツートラック、米国に韓国同意なし軍事行動許さず・・なのか!



オシマサです


今日は8月15日です。

日本国内のできごとは横に置き


隣国がどのような姿勢を持つのか。

ちょっと見て、考えてみます。

韓国の文在寅大統領は

本日15日「光復節」の式典で演説した

とあります。


ということで

日経、産経、聯合ニュースを開いて見ると

発言趣旨はこんな感じです。

いくつか項目ごとに並べてみましょう。

1 日韓に慰安婦と徴用工の問題がある!

日本の指導者の勇気ある姿勢が必要と主張へ!

「歴史問題にけじめをつけたときに両国間の信頼がより深まる」

とのこと。

これからもドシドシ

日本に対し要求を行なう意思を鮮明にした様子。

2 ツートラック路線の維持を示す?

これは何が何でも

日本をしゃぶってやるぜ!

という意欲を表すものでしょう。

「過去の歴史が未来志向的な発展の足かせになってはならない!」
「北朝鮮対処として北東アジアの平和と繁栄のため協力する関係に発展しなければならない!」

おそらく、文在寅政権は

歴史問題はこれからも大いに騒いでやるので、ありがたく拝聴しろ!そして、韓国が頼むことは日本は喜んで引き受けろ!

という意識であって、その心は

日本は韓国のキャッシュディスペンサー宣言

・・でしょう。


今まで聞く

ツートラック」と変わらず

韓国の言う『用日』で進む考えかと。

3 勝手に韓国に黙って戦争すんな!

「朝鮮半島で二度と戦争があってはならない。誰も韓国の同意なく軍事行動を決定することはできない」

北朝鮮の核・弾道ミサイルの問題に関して

韓国を通さずに

米国は北朝鮮と対話交渉をしたり

「戦争するんじゃねえ」

と言いたいものと思われます。


一見、平和的解決を望む姿を見せつつも

韓国は米国より偉いのだ!

という考えが透ける様子。


ですが、韓国は勘違いしていると思います。


今、北朝鮮は米国に刃を向けているのです。


その刃が米国を刺せば

米国は韓国にお構いなく!

反応すると思うのです。


なぜなら、北朝鮮が米国を攻撃すると

被害は米国で発生するのです。


続いて、韓国が被災しても

韓国は米国ではありません。

であれば、文在寅大統領の発言主張は

詮無きものと思うばかり。


話を戻します。

「光復節」の式典での

文在寅大統領の演説発言は

他に細かい話題もあるかもしれません。


しかしながら、ザーッと見たところ

文在寅大統領の強調したい部分は

ここに表したものと捉えるのです。


ともあれ、総じて日米に向けて

「調子のよい」言葉を並べた!


よいとこ取りでしょう。

同時に、文在寅大統領と同政権の心底が

読める内容と思われるのです。


ところで、日本政府は

どのように受け止めたのでしょうか。


ホイホイと「御説、ごもっとも」ではない

と思いますけど。


ただ、文在寅大統領の発言は

日本の政治家の親韓度合を推し量る

リトマス試験紙になるかもしれません。


まずは誰が反応を示すか。

また、誰が将来の日本を、今の若者を

韓国のために捧げる行為に走るか。


自民党、民進党、共産党、他の野党を問わず

しっかり注視すべきでしょう。

日韓議員連盟



一方、米国の受け止め方はどうでしょう?

とにかく、THAADは完全展開していません。

2基配備、4基は追加配備の様子。7月の時点

米国は、正直、韓国に振り回されている!

そんな思いも

持っているのではないでしょうか。


ただ、文在寅大統領が大上段に振りかざして

強く主張しても

軍事力でフリーハンドを描ける力を持つのは

米国です。


米国の行動に制限を加えることは

できないと思うのです。


確かに

韓国にはダンフォード統合参謀本部議長が訪問

北朝鮮に外交・経済で圧力をかけるとあり

政府支援が米軍の優先目標!

と明らかにしています。


しかし、これは今までの米国の姿勢と

何ら変わるところはないでしょう。

同議長には

「(圧力かけが)失敗する場合に備えて軍事的選択肢を準備する」

との言葉もあるのです。
(産経、日経 8月14日)

むしろ、軍の制服組トップが訪韓したこと。

米軍の覚悟を示したものに映りませんか。


つまり、米国は、そして米軍は

「いつでもやれる」


その状態であることを北朝鮮の周辺諸国に

知らしめに来ただけではないのか

と思うのです。


ゆえに、北朝鮮がことを起こせば

韓国が立ち入る隙間はないでしょう。


という感じで、長々ながらも

今回の光復節、文在寅大統領の演説を

捉える次第。


オシマサ、僭越ながら斯く思うのです。

(再見)


 拙の考える糧 

 

ここでクリックしなくていいですよ。

関心のある方、メモしてね!



 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ