今日見た朝鮮半島の話題(韓国・北朝鮮)から思う! とにかく、熱く喧噪な国に見える!



韓国 北朝鮮

オシマサの広場へ、ようこそ!

なんとなく、お盆なのか!という感じの中、云々。
そんな思いで、世間を見ると。
当然のこととは思いつつも、韓国、北朝鮮の話題が
多い様相。

まず、最初に目に飛び込んだのがこれ。


韓国の徴用工に関して



日韓請求権協定で、日本から韓国政府に支払われた
無償提供資金。
この資金から徴用工の個人、遺族に対して賠償金と
して配られなかったのは「ケシカラン」と。
韓国政府への訴訟が起きたとある。


これは日本として、既にお支払いした範疇でのでき
ごと。
ゆえに、韓国内で然るべき対応があり韓国の皆様に。
韓国の政府が正しき道を示せばよいと思う。

しかし、なぜ、今頃まで、放置していたのか。
不思議だ。
続いてはこれ。


北朝鮮、主婦も制裁に立ち向かう!



14日の平壌、国連安全保障理事会で可決された制裁
決議が「気に入らん!」とした北朝鮮政府の反応に
同調した主婦グループ「朝鮮社会主義女性同盟」の
集会が開かれたとある。
この際、2000人近くの主婦らが参加した様子。
(産経 2017年8月14日)


この話、何とも熱く「暑いな」と思う。
この主婦の中には包丁を持ってでも戦うなどと意気
込む者もいるとあるからだ。
なんとなくだが、日本の戦時中の竹やりの話を思い
出した。

竹やりの話をしてくれた俺のばあちゃん達は、もう
この世界にはいないが、生きていたら似ている!
と、語るかもしれない。

つい、そんな気がしてしまった。
とにかく、不思議だ。


プラスチック製の慰安婦が乗るバス



これは韓国だ。
すぐビットが立つ。
背景はこういうものらしい。

民間の国際会議が定めた「世界慰安婦の日」。
これが8月14日ということから。
ソウルの日本大使館公報文化院近くを通る路線バス
の一部にプラスチック製の慰安婦を乗せるらしい。
いや、既に乗せているのか!

慰安婦問題に取り組むとしたバス会社のアピール!
とある。
(読売 2017年8月14日)


どんなに理屈付けをされようが日本人から見れば。
嫌がらせ以外の何物でもなかろう。

それにだ。
狭いバスの中で座席を一つ占めることになれば。
乗客は窮屈な思いをするだろう。
サービス低下になると捉えるが、どうなのか?
(9月30日まで続くらしい。)
これも不思議。


そして、予定どおりとは言え、極めつけはこれか。


ウルチフリーダム・ガーディアン



米韓合同軍事演習が 8月21日 – 8月31日の間にかけ
行われるとある。
しかも、8月25日は先軍政治の記念日なのだ。
何かが、起こりそうにも思えるが、考えすぎか。

ここで、不思議なのはこちら。
韓国社会は対日に関しては熱そうだが、それ以外は
特に北朝鮮に触れては平穏に見える。
目に入る報道・メディアから流れるものを見る限り。
そのように映るのだ。

ともあれ、ミサイル以外は熱く、喧騒ということか!
という感じで、とりとめもないが。
今日も捉えたことを表してみた。

俺、オシマサ、僭越ながら斯く思う。

(再見)


 拙の考える糧 

 

ここでクリックしなくていいですよ。

関心のある方、メモしてね!



 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ