民進党の山尾志桜里議員は安倍首相へ「器が小さいんだよ」とヤジる! キンキン砲さく裂し自爆か? 落ちていくなら奈落の底まで!



山尾志桜里 器が小さい

オシマサの広場へ、ようこそ!

今回は「こんなバカな」と思えたこと。
衆議院の法務委員会、インターネット審議中継を
見て、目に飛び込んだ山尾志桜里議員から。

質疑者として名前が登場したので何か期待に応え
てくれると思っていた矢先、やらかした!

期待を裏切らない!
もちろん、褒めているわけではない。
アウトローとしてだ。
しかも、この方はもと検事と聞くからおそれ入る。

「キン」「キン」山尾志桜里議員はけたたましい。
この方の自慢の大砲は連射し続けている。
喧嘩腰の質疑スタイル。
吠えるような質問、問いかけ。

誰があれで「よくやっている」と思うのか。
鏡の前で同じことをやってみたらよいのだ。
自分自身で納得ができるのか。

民進党シンパとおかしな野党に共鳴・共感する人
たちはいざしらず。
ほとんどの国民は嫌気がさすだろう。

そのように見える。
何でもそうだが、威勢のよい奴の話を聞く時。
それはそいつが実績を上げているか。
何か指し示せる力を持つ時だけであろう。

実際、民進党は何ができるのか。
俺の目には何も映らない。
むしろ、国家、社会を混沌化させようとしている!
そのようにしか見えないのだ。

『森友学園』を事実上廃園に追い込んだこと然り。
国会での数々の審議拒否の悪行。
場外乱闘に見える『テロ等準備罪(共謀罪)』に
関する路上での活動。

これらが何か有益に作用したのだろうか。
そうではなかろう。
すべては山尾志桜里議員をはじめとした民進党の
自己満足ではないのか。

そんなものに国民を引きずり込まないで欲しい。
というのが率直な思いか。

特に、6、6%あるいは6.7%ぐらいの支持率で。
軽率にも「国民」を語るのは言語道断であろう。

話は今朝の法務委員会に戻るが山尾志桜里議員の
これはひどくないか。
答弁中の安倍首相に対して。

器が小さいんだよ。

とのヤジだ。

ならず者なのか!
このような暴言を国会で民進党は許すのか。
放置するのか。

これでは落ちるしかあるまい。

世の中一般というと、言い過ぎの部分もあるかも
しれない。
しかし、俺の目に入る一般の人、国民はこういう
うものだ。(俺もその一人。)

朝起き、職場に向かい、仕事が終われば夜寝る。
とした人々だ。
このような人々からの言動・行いから見れば。
逸脱しているとは思わないのか。

それほど乖離した行動を取りたいなら。
落ちていくなら、奈落の底まで!
どうぞ!という心境か。

今回は義憤というべきもの感じ。
言葉を表すだけで終わってしまった。

だが『テロ等準備罪』、これを野党が『共謀罪』
と呼び印象操作をしてもだ。

反対だけでは真の意味で法案の成熟化は果たせな
いであろう。
何でも反対より、一つずつ丁寧に掬い上げ洗い直
すことが大切ではなかろうか

とにかく、今の民進党、共産党、社民党、自由党
4野党のやり方では、騒げば騒ぐほど彼ら自身が
怪しく映る!
そして『組織犯罪処罰法』改正案が必要に見えて
くる。

俺、オシマサ、僭越ながら斯く思う。

(再見)
山尾志桜里 器が小さい


 拙の考える糧 

 

ここでクリックしなくていいですよ。

関心のある方、メモしてね!



 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ