2月9日の日韓首脳会談、何とかセットの様子! 安倍晋三首相は文在寅大統領に対し政治的主張を行えるか?


スポンサードリンク


オシマサの広場へ、ようこそ!

今回はこちら。

2月9日、日韓首脳会談

・・で思うこと。

26日の報道を見直すと、2月9日、韓国は日本の意向を
受け入れ日韓首脳会談を設定するようです。

ただ、拙の見方は韓国が首脳会談を行うことに抵抗を
示し、のらりくらりと逃げまどってくれることを望ん
でおりました。
そうなれば、安倍首相の訪韓も立ち消えになると思っ
ていたのです。

諸般の事情が許さないとしてですね。

正直、残念です。
ゆえに「なぜ、文在寅大統領、拒否しないのか?」と
の思いが今もくすぶっている次第。

とはいえ、拙があれこれと首脳会談実施の是非を語って
も仕方がありません。

せめて、ここで文在寅大統領が選出される大統領選挙時
の韓国の空気並びに同大統領の発言などから、同大統領
の考えはいかなるものか、そちらに触れてみたいと思い
ます。

以下は昨年二月初頭の大統領選挙時における韓国の空気
をまとめたものです。
だいたいの傾向は表れていると思います。

【2017年2月7日時点の『韓国大統領選』の小まとめ】

昨年の2月7日、当時の韓国大統領選を前提とした同国内
の動きを小まとめしたものです。
ここで韓国民が文在寅大統領をどのように見て、同時に
同大統領はどんな考えの持ち主であるのか!
大きな枠として、わかると思います。

では、展開してみます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2月に入り韓国の次期大統領候補への関心が高まります。
いつものように「誰がいい!どう?」と有力者支持状況
を見るとこうなっています。

文在寅氏は前回やや下がったと捉えていましたが、今回
の発表では勢いを取り戻し、独走態勢の確定と言わんば
かりの様相です。

前回2位につけていたセヌリ党の黄教安氏が、3位に後退
しています。
また、今回2位の安熙正氏は大統領選を辞退した潘基文
氏の支持者が流れ込んだためか支持率は伸びています。

とはいえ、1位文在寅氏との差は絶望的なぐらい大きな
ものがあるようです。
一方、韓国のトランプと揶揄される李在明氏は、5位に
後退していますね。
なお、6位劉承旼氏は変化はあまりない様子。

 文在寅(共に民主党)  31.2 %
 安熙正(共に民主党)  13.0 %
 黄教安(セヌリ党)  12.4 %
 安哲秀(国民の党)  10.9 %
 李在明(共に民主党)  8.6 %
 劉承旼(正しい政党?)  4.9 %

※ 敬称略(リアルメーター引用 2月第1週)

この状況から、セヌリ党黄教安氏が前に飛び出してくる
可能性は小さく見えます。
すると、必然的に文在寅氏の独走が続くかと思われます。

が、文在寅氏がトップになれば、韓国は極端な中国傾斜
また、北朝鮮寄りになることは想像に難くなく、韓国民
がそれを「よし」とするのか、疑問も生じます。

とはいえ、今までの発言からサード(THAAD)配備反対
を唱える反日政権となることはかなり確度高く映ります。

当然、慰安婦像の撤去も適わないでしょう。
すると、日本の在韓大使と釜山総領事の帰任も遠いこと
になるのかもしれません。

ここで2月7日現在、韓国関連の主なできごとをいくつか
ピックアップしてみましょう。

次期大統領選の野党有力候補らは南北経済協力事業の『開城工業団地』の操業再開を考慮中

さすがに韓国統一省(統一部)は安保理の決議に反する
行為と否定の様子。
ですが、大統領の有力候補、なりふり構わずに見えてき
ます。

CNN報道、旧日本軍は20万人の女性を性奴隷へ

明らかに韓国は日本を貶めるために世界で行動している
と思われます。

慰安婦像の呼称を日本は「慰安婦像」へ

ただし、韓国は「少女像」とし虚偽の上に虚偽を重ねる
様子。

中学・高校使用の韓国歴史教科書へ慰安婦の集団虐殺を記載へ

これは少々前に表されたもの。
虚偽、ファンタジーお構いなし、やりたい放題で日本を
陥れる行為に明け暮れています。


明日以降も新たなものが出現すると思われますが今現在
として並べてみました。

いずれにしても、今の韓国は米国を軽く見ているのでし
ょう。
同時に日本へ真っ向から対決する姿勢を持つ様子。

次期大統領の有力候補への支持状況を見て察するように
現在の韓国はさらに親北、反日的傾向が強まるとしか思
われません。


それにしても、野党有力候補たちが『開城工業団地』で
の操業再開を言葉にするとは穏やかであらず。
加えて、米国との協調の流れを反故したく映るとともに
サード(THAAD)配備見直しにも触れているのです。

これらから韓国野党が政権を握ると何が起きるかわから
ない!
そんな不安は十分感じるところ。

まさかと思いつつも、在韓米軍を手土産に北朝鮮、中国
へ寝返り御免!とならなければよいかと。

ともあれ、南北は同じ朝鮮民族、統一のためなら手段を
選ばないとは言いすぎながら、やはり統一は悲願と思わ
れます。
そのため何が起きてもおかしくない。

その視点は必要でしょう。

【小まとめ おわり】



ということで、朴槿恵前大統領の弾劾成立に伴う大統
領選挙前の韓国の空気・風から、文在寅大統領と韓国
民の思いは親北であり反日であることが十分にわかる
でしょう。

そして、今。
それを具現化しつつある現在の文政権によって、利用
されるかもしれない安倍首相の『平昌オリンピック』
開会式出席は巌に避けるべきであった!
と思うのです。

このあたりのことを親韓派とも揶揄されるこの四名は
どのように捉えるのか?
安倍首相の訪韓行きをずいぶんと強調されていました
から。

【自民党】
二階俊博幹事長、竹下亘総務会長
【公明党】
山口那津男代表、井上義久幹事長

今からでも遅くはないので、国民に目を向けた言葉で
安倍首相に語って欲しいものです。

平昌 日韓首脳会談

オシマサ、僭越ながら斯く思うのです。

(再見)

2017年11月17日から三代目が書きます。
(2017年11月17日17:00からです。)

スポンサードリンク


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ