イランのデモ、治安悪化へ、マシュハッドの物価高が要因か? だが、ハメネイ師・体制批判に向かうは尋常であらず?


スポンサードリンク


オシマサの広場へ、ようこそ!

今回はこちら。

イランの治安悪化、デモ

・・から思うこと。

今、報道、ツイッターで、イランのデモに関して。
結構、けたたましく!
かの地の状況について触れられています。
(産経、共同、CNN、AFPBB、NHKなど。)

イラン政府の情報統制もあるためか、不明確情報も飛び
交っている様相ですが、それでもデモの発火点と言える
マシュハッドからイラン西部の都市名がいくつか上がり
その地でデモの人々と政府警察・治安関連が衝突か!
と思われる内容が流れているのです。

伝わる地名だけを見ても、かなり広くイラン国土全般に
渡ってデモが起き、騒乱状態になっていることは想像に
難くありません。


イラン 治安

イメージ図はこちらから。
出典:国土地理院ホームページ
国土地理院地図の一部を加工
(http://maps.gsi.go.jp/help/
index.html#manual)

もとは物価高とありますが、12月28日にマシュハッドで
発生後、数日経っても沈静化しない現状を見ると。
今までのイラン政府による米国への挑戦的かつ対決姿勢
によって、周辺諸国をはじめとした世界各国との関係改
善が進まないこと。

また、イエメン、パレスチナへの介入に伴う経済的負担
への不満が限界へ達したように映ります。

要はですね。
国民は窮乏生活にあり、生活面での辛抱・我慢は。
「もう、できない」ということではないか。
そのように思われるのです。

ハメネイ師に向けた批判が生まれていることも合わせて
考えれば、イラン国民、民衆は現体制に辟易としている
のかもしれません。

一方、トランプ大統領は好機と捉えたのでしょうか。
早速、ツイッターで反応しています。
何とも、ツボを押さえた行動を取る大統領に映ります。

『イランは・・さ。
テロ支援国家のナンバーワンの国にさ。
一時間基準で引き起こす数多くの人権圧力を持つ。
今、インターネットを閉じたそうだ。
平和的なデモを行う人々と連絡が取れない!
よくない!』

『イランで大きな抗議だ。
人々はようやく賢く悟ったらしい。
国内の金や富が盗まれ、テロ活動で浪費していたことを。
イランの人々はもはや耐えられなくなったように見える。
米国はしっかりと見ているよ。
人権への圧力を・・な。』

『支配的な体制は永遠に耐えられるものではない。
いずれはその日はやってくる。
イランの人々が選択に直面する日のことだ。
世界は見ているのだ。』

ほかにもあるものの、1月1日11:00現在で一番新しい
ものを三つ取り上げています。

大事な点は28日のマシュハッドでのデモから。
毎日トランプ大統領がツイッターで触れていること。
これは極めて注視すべきと思うのです。

米政府の関心が強く注がれている!
そのように捉えるべきでしょう。

イラン 治安

オシマサ、僭越ながら斯く思います。

(再見)


2017年11月17日から三代目が書きます

表現の傾向が変わるわけではありません。
文章が『である調』の終止形から『です、ます調』へ変
わります。
よろしくお願いします。
(2017年11月17日17:00からです。)

スポンサードリンク


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ