尖閣諸島、30日、中国海警局船舶の領海侵入! 二階俊博幹事長の議員団訪中時の出港じゃない?



オシマサの広場へ、ようこそ!


今回はこちら。

中国海警局船舶の領海侵入

・・から思うこと。





ダメだね!


今日30日、今年29日目の領海侵犯とあります。

09:00頃から10:45頃までらしく

久場島北北東の海域。

(産経、時事、NHK 30日)


もはや、これは歯止めがきかない!


そもそも

中国は奪うまではやめないのでしょう。


おなじみ中国海警局の船舶

1  海警2106
2  海警2306
3  海警2502

というか

奪ってしまったら、領海侵入ではなく

自らのテリトリーの話になるから。


日本が何を言っても

「知ったこっちゃない」

ということになるでしょうけど。


この予兆は29日の昨日、すでにありまして。

領海周辺海域をチョロチョロとしていた

そんな話もありましたから


海上保安庁は領海侵入を時間の問題

と見ていたのかもしれません。


撃沈するほど

巡視船、巡視艇の武装も備わっていないでしょうし


まず政府も

「そこまでは~」

ということかと。


ゆえに、中国の海警局の船舶が来ても。

「とりあえず、見張っておけや!」

程度なのでしょう。

とはいえ

現場には現場なりの大変さがあり

苦渋の判断の連続かと思われます。


と、こうした現状を

報道、ツイッターから知りつつ思う中で


自民党・二階俊博幹事長はじめとした

議員団の訪中に関して、頭がもたげます。


何か、効果があったのでしょうか。

ないですよね。


まず、拘束されている8人の解放がありません。


そして

先ほど触れた尖閣諸島周辺海域領海部での

中国海警局船舶による侵犯も

引き続いて起きているのです。


「何をか、言わんや」でしょう。


ここで大いに疑問を持つことが一つあります。

今回の自民党訪中団

(公明党コミコミの中国大好き集団のこと)

彼らが中国入りしたのは

12月24日 です。


一方、中国海警局の船舶が

尖閣諸島周辺海域での活動が確認されたのは

28日


冬の東シナ海、荒れると思うのです。


温暖と寒冷の前線がぶつかりますから・・ね。

常時、その海域に留まることは難しい

と思われるのです。


デカイ船なら別でしょうけど。


となると

天候のよい日を見て、尖閣諸島に向かう!

と捉えるのが自然かと。

そこで中国本土を出港した時期を

一番近い個所からです。

ランダムに取り上げてみます。

こうした見立てを重ねてみましょう。


すると

今回の自民党議員などが中国訪問時にですよ。


中国海警局の船舶は

尖閣諸島に向かい始めていたのではないでしょうか。


だいたいです。

地図を広げると

片道2-3日程度で航行可能に見えます。


尖閣 領海侵入

イメージ図はこちらから。
出典:国土地理院ホームページ
国土地理院地図の一部を加工
(http://maps.gsi.go.jp/help/
index.html#manual)

つまり

中国は日本と仲よくする考えはないということ。


一方で調子のよい顔をして、その背面ではずる賢く!

立ち回っていると思われるのです。


門外漢がこのような言葉を並べても

意識してくれる人はいないでしょうけど。


拙は強く思う次第。


ですからね。

今回の訪中

いかに二階俊博幹事長が中国との接点が多くなった

と言ってもですね。


成果はさほど表すものはないと見た方がよいかと。

習近平国家主席は仲よくする気ないよ?

・・でしょう。


ですが

二階俊博幹事長を侮っているわけではありません。


拙は中国、またその共産党が

とてつもなく狡猾な国家であり

強大になりすぎたと見なすばかり。


オシマサ、僭越ながら斯く思うのです。

(再見)


2017年11月17日から三代目が書きます

表現の傾向が変わるわけではありません。

文章が『である調』の終止形から

『です、ます調』へ変わります。

よろしくお願いします。

(2017年11月17日17:00からです。)


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ