民進党、希望の党、立憲民主党、無所属の会は日本に何をしてくれるのか? 自らの生活の糧を稼ぐだけなのか?



オシマサの広場へ、ようこそ!


今回は日頃から怪しい、おかしいと思うことを

取り上げてみる。

野党のこと。





今、日本で

得体のしれない政治家の集団を挙げれば

これらは間違いなく挙がるだろう。

1  民進党
2  希望の党
3  立憲民主党
4  無所属の会

いずれも元民進党だ。


はじめのものは参議院議員主体のグループ。


二つ目は

東京都知事の小池百合子氏が立ち上げた

『希望の党』に加わった者。


今や同党は『希望の党』を利用し当選した

と思われる元民進党の議員たち

代表・小池百合子氏の求心力の落ち込みを好機と

反旗をひるがえし、燃え盛る状態に見える。


続いて、立憲民主党だ。


この党は当初『希望の党』に入りたい

とあがいたものの

小池百合子氏の政治信条にそぐわぬとして

排除された者たちの党だ。


いわゆる、あぶれものの集まりか。


早い話が行き場を失い路頭に迷いかけた

民進党の前・元議員たちの救済の場となった政党

と言えよう。


しかも、ラッキーというのか

立ち上げた枝野幸男氏の捨て身の行為が

評価されたとあって

かつ、集まる人物よりも新党を立ち上げたことが

関心を呼び、多くが当選する幸運を得ている。


だが、よく見れば、党中心は

民主党政権時の菅直人内閣のメンバーが多い!

これに気が付く。

(一部、鳩山由紀夫内閣の閣僚もいる。)


とにかく

国家・国民に何もまともなことができない!

そういった者たちの巣窟と言えよう。


さらにずいぶんと次元の低い話になるが

セクハラ告発で揺れる人物

青山雅幸氏への無期限党員資格停止処分がある。


これは一見すると厳しいように見えるが

無期限は明日にでも、元に戻る

と考えることもできよう。


つまり、解釈が何とでもできる!

そうしたテキトーさも早速見せつけている。


他に、不倫疑惑の説明責任逃れで名高い

山尾志桜里氏の入党もある。


おかしいというか

この党の倫理感の甘さを

無限大に感じさせてくれる。


おそらく

今後も立憲民主党は叩かれるとホコリが

ドンドン舞い上がると思うが、いかが・・。


そして、最後の四つ目が無所属の会。

こちらはどちらにも与したくない者が

無所属で当選。


その後「孤独はイヤよ」と集まった

と思われる13人の元民進党の議員たちだ。


これも一応並べてみよう。

名前を見ると

なるほど「行き場がないな!」と

思える者が多い。

1  岡田克也
2  江田憲司
3  野田佳彦
4  中川正春
5  福田昭夫
6  篠原孝
7  菊田真紀子
8  金子恵美
9  原口一博
10  広田一
11  平野博文
12  黒岩宇洋
13  安住淳

こうして、民進党の瓦解?

分かれた姿を並べて見てみると

よくぞこれだけ

主義主張の異なる者が同じグループを

形成していたものと驚くばかり。


これでは民進党の前身である

民主党時代に政権を持っていても

上手くいかないことは容易に想像がつく!

方針が決まらないだろう。


これだけゴチャゴチャしていると

誰が責任者なのか?

わからない状態も多かったのではないか。


だから

東北の震災の時も対応が

後手後手に回ったのであろう。


やはり、政策信条は同じもの同士が

グループ・パーテイを作ることが必要と思う。


という意味では

『希望の党』の当初の排除の姿勢

よかったのではないか。


だが・・。

小池百合子氏は自らの判断ミスで

その機会を失ってしまったのだろう。


決して、支持はしないが

惜しいことをしたように映る。


ともあれ、分化、分解をし

変化はあっても。


今の民進党グループは

日本に有益にならないどころか。


単に自らの生活の糧を稼ぐ姿にしか見えない!

これは言い過ぎではあるまい。


俺、オシマサ、僭越ながら斯く思う。

(再見)


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ