『中国の北朝鮮への石油お見逃し』に触れたトランプ大統領のツイッターから、武力行使も近い? 金正恩委員長の誕生日1月8日も近いしね!



オシマサの広場へ、ようこそ!

今回はこちら。

トランプ大統領のツイッター

・・から思うこと。

いくつかの報道でも取り上げられていました。
ロイター、産経は早かったですね。

これ、ツイッターで表すぐらいだから、ずいぶん前から
トランプ大統領の耳には報告問わず入っていたものなの
でしょう。

実際、今までの報道でも、中国のタンカーから北朝鮮の
それに石油を移す画像が表れていましたから。
いわゆる『瀬取り』って呼ばれるもの。
(読売 27日)

その何倍、何十倍もの証拠にあたるものが同大統領の目
に触れていたことが考えられますよね。

そして、あまりにも中国の姿勢のアコギさに耐えきれず
吐露したものと思われます。

『現行犯だぜ!
とてもがっかりした!
中国が北朝鮮に石油が入ることを許しているとさ。
北朝鮮問題で中国と友好的な姿勢での解決方法は見いだ
せないね。
引き続くなら!』

まあ、こんな感じでしょう。

何となくにしても、米国が先日明らかにした。
米軍が日本や韓国との共同訓練に関して、日時や規模を
明らかにしないと触れたことも相まって、北朝鮮対策は
「もう武力しかない」と考え始めている証左にも映るの
です。

今や、北朝鮮の動きもかなり怪しく映りますから。
人工衛星を打ち上げるなどと言っても、宇宙空間に向か
えば弾道ミサイルとの見分けなど付かないでしょうし。

また、1月8日の金正恩委員長の誕生日を迎えるわけで
北朝鮮自体、過去歴から核実験、弾道ミサイル発射とね。
何しでかすか、わからない状況でしょう。

それらを思うと、かなり米国、「残された時間なし」と
見ているのでは。

とにかく、かなり、やばくないですか。

トランプ ツイッター

オシマサ、僭越ながら斯く思います。

(再見)


2017年11月17日から三代目が書きます

表現の傾向が変わるわけではありません。
文章が『である調』の終止形から『です、ます調』へ変
わります。
よろしくお願いします。
(2017年11月17日17:00からです。)


 拙の考える糧 

 

ここでクリックしなくていいですよ。

関心のある方、メモしてね!



 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ