北朝鮮、ICBMと推定される弾道ミサイルをロフテッドで29日未明に発射したらしい! 米国の軍事的対応はあるのか? 日本はどう連携するのか?



オシマサの広場へ、ようこそ!

北朝鮮、発射しましたね。
昨日、報道にも出ていましたが、その予測の話は現実化
した様子。


北朝鮮 ミサイル


朝から目に入る報道各紙を見ながら、イメージを作ると
7月28日に発射されたものと傾向は似ているようです。


北朝鮮 ミサイル


専門的な識見は持ち合わせませんので、イメージした図
で照らし合わせただけの感覚ですが、概観するとそのよ
うに。

ただ、発射位置と弾道ミサイルが持った高度は違ってい
ますね。

発射位置に関しては移動式のミサイルということ?
でしょうか。

また、高度は抜きんでていますね。
とすると、今回もロフテッド軌道を描いたと思われるの
で、発射角度を水平方向に向ければ、かなりの射程距離
を持つのかも・・。

報道では5500kmとか10000kmとかあって、幅が広い
感じはしますが、ともかく今までの北朝鮮の弾道ミサイ
ルよりは遠くへ飛び、さらなる脅威度が増した!
開発が進んだ!(ICBMとかもありますね。)

これは言えるのかもしれません。

あたりまえのことを表しますが、今後、米国がどのよう
に対応するのか。
注視です。

米軍の動きがさらに朝鮮半島に向かう形を描くのか。
気になるところ。

また、日本政府がどこまで真剣味を持ち国内対処を行う
のか、こちらも注目でしょう。

さらにロケットマンの金正恩委員長はどう出るのか。
こちらもですね。

まずは頭に浮かぶところなど・・。

イメージ図はこちらから。
出典:国土地理院ホームページ
国土地理院地図の一部を加工
(http://maps.gsi.go.jp/help/
index.html#manual)

北朝鮮 ミサイル

オシマサ、僭越ながら斯く思います。

(再見)


2017年11月17日から三代目が書きます

表現の傾向が変わるわけではありません。
文章が『である調』の終止形から『です、ます調』へ変
わります。
よろしくお願いします。
(2017年11月17日17:00からです。)


 拙の考える糧 

 

ここでクリックしなくていいですよ。

関心のある方、メモしてね!



 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ