今朝の産経紙の記事を見て! 北朝鮮のミサイル発射動向に米軍は同期する態勢を確立しつつある?



オシマサの広場へ、ようこそ!

今回はこちら。

今朝の産経紙の記事から

・・思うこと。

今朝の産経紙から、CNNテレビの話題としてあるものを
取り上げてみます。

タイトルはこちら。

『北がミサイル発射準備か 米報道 米軍は軍事演習の
情報公開を制限する方針』

※ 詳細は同記事を見ていただくとして。

拙の目に入り、思うことを述べるとですね。
どうも、米国政府は北朝鮮が新たなミサイル発射の準備
を持つと見ている様子。

しかも、数日から数週間の範囲とかなりバラツキのある
見立てではありますが、『発射する』に関しては間違い
ないと判断していると思われます。

ただ、前週あたりから話題になっている北朝鮮の宇宙開
発の一環としての人工衛星搭載ロケットの打ち上げの件。
まゆつばにしても、こちらも否定できないとあり、軽々
に弾道ミサイルとの判断はしかねる・・かにも見えます。

とはいえ、いずれも宇宙空間へ向かいますから。
基本最悪のシナリオで考えることが適切なのでしょう。

これは単純なイメージですけど。
否定できないところが怖いのです。


北朝鮮 発射

イメージ図はこちらから。
出典:国土地理院ホームページ
国土地理院地図の一部を加工
(http://maps.gsi.go.jp/help/
index.html#manual)

また、発射場周辺での機器が移動とあります。
ですから、固定式の発射台に据えつけられたミサイルと
の認識でしょうか。
想像は膨らみます。

ともあれ、年末年始に不似合いながらも。
1月8日は金正恩委員長の生誕日。
それに合わせた動きとの見なしもあるかもしれません。


さらに、この記事には興味深いものが付随しています。

米軍が行う合同演習(日本や韓国を対象)に関して。
米国、米軍は、実施時期、規模などには触れない考えを
明らかにしたとあるのです。

北朝鮮との対話を促すために刺激を与えることを避ける
など、背景理由はいろいろあるでしょうけど。
ただ、どんな理由をつけようが、日本や韓国を通じて。
米軍の情報が流れないように、米国、米軍が今まで以上
の緊張状態を持っていることは想像に難くない!
・・と思われます。

また、これは北朝鮮考慮というよりも、日本と韓国に向
けての踏み絵、リトマス試験紙にも映ります。
どこで、誰が米軍情報を漏らすか?
米軍はまず漏れる穴ふさぎを先に行うべき!
と、考えているのかもしれません。

今後、仮に、どこぞの報道・メディアが米軍が絡む合同
演習内容に触れた際、それが日本国内であれば。
大きく日米関係を揺るがすことになる可能性も考慮すべ
きでしょう。

何と言っても日本から北朝鮮に情報が流れる経路として
朝鮮総連もあり、中国もあるのですから。

この産経紙の記事はいろいろと考えさせてくれます。
 
北朝鮮 発射

オシマサ、僭越ながら斯く思います。

(再見)


2017年11月17日から三代目が書きます

表現の傾向が変わるわけではありません。
文章が『である調』の終止形から『です、ます調』へ変
わります。
よろしくお願いします。
(2017年11月17日17:00からです。)


 拙の考える糧 

 

ここでクリックしなくていいですよ。

関心のある方、メモしてね!



 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ