韓国・文在寅大統領、日米韓軍事同盟に待った! トランプ大統領に向って米国はよくても、日本はイヤなんだよね・・か!



とにかくオシマサの広場へ、ようこそ!

やっぱり、文在寅大統領、言い切っていた様子。
今日の聯合ニュース見て、「なるほどね。そうなの!」
という印象か。

9月に行われた日米韓首脳会談時のことだ。
文在寅大統領は言い切ったようだ。
米国は韓国の同盟国だが、日本はそうではない!と。

トランプ大統領はその趣旨の発言を一応承った!
ということらしいが、何とも韓国は変な国に見える。

とにかく、これは11月3日のシンガポールのテレビ局に
よる質問を受けた際。
日米韓軍事同盟への発展はない!
と発言をしていたとあり、それを裏付けることになるの
だろう。

まあ、単純に見ても、このことは聯合ニュースにも何か
と表れているが、中国への気兼ねが一つ挙げられる。
と思う。

中国への経済的な浸透はかなりのものがあるのだろう。
今まで散々サード(THAAD)配備でロッテなどが報復
を受けたような報道もあるのだから。

そこへもって、日米韓三国軍事同盟となれば。
中国が「キー!」となるのは想像に難くないわけだ。
文在寅大統領の懸念はある程度の理解はできるかな。

そして、もう一つはこれか。

日本と韓国の仲の悪さだ。
中でも慰安婦問題はそもそも朝日新聞が火をつけたもの。

それを社民党の福島瑞穂氏のような人物が焚きつけ広め
日本と韓国の両国民がそれに躍らされた感じを持つ。

しかし、出発点は横においても、抜き差しならぬところ
に来ていることは否めない。

他にもあるのだ。
徴用工で日本を責めろ!とか。
竹島を含む防衛部隊の新設を計画するなど。
韓国の日本を敵視する動きは年々激しさを増しているの
だから。

日本人の一人である『しがない』俺が見ても。
韓国とは上手くいくはずがない!
それはよくわかる。

北朝鮮と戦争にならずとも。
韓国とは争いごとが起きても不思議はないのだ。

とにかく、ウマが合わない隣人同士と言えよう。
ゆえに、軍事同盟などありえない!と思う。


そこで話を戻して、文在寅大統領が考える軍事同盟の
在り方に素直に納得である。
というか、日韓関係を真面目に考える人は「御免蒙る」
となるだろう。

ただ、こうなると半島動乱時の在韓邦人救出の際。
韓国は航空自衛隊の輸送機の進入を許さないだろう。
また、海上自衛隊の輸送艦などの艦艇の入港も許さな
い!
そのように捉えておくべきか。

早い話、在韓邦人は早く日本に戻るべきか。
そのように政府も指導した方がよいかと。

話はところどころ飛んだりはしたが、今日見たこの報道
内容は結構重いと思うのだ。

そして、トランプ大統領の来日に合わせ、9月の日米韓
首脳会談時の隠れた内容が表されたからには。
日本社会のみならず、韓国社会に何を言いたいのか。
そこが気にはなるところか。

特に日本人に対して、米国と仲よくしても、連携しても。
意味がないと言いたいのか。

それとも、韓国は北朝鮮に敢然と向かう意識など。
持っていないと言いたいのか。

このあたりのことはトランプ大統領が訪韓を終えた頃に
明らかになるかもしれない。

ということで、これからも日々が注目だ。

それにしても、日本と韓国のGSOMIAはこんな関係で有効
なのか?
専門家の声が聞きたいものだ。
まあ、無理と思うが、防衛、軍事だから・・。


話は再び飛ぶが。
今回の日米韓の関係へのイチャモンなのか。
トランプ大統領の来日に反対する半島人がいるとの話を
見つけた。

ちなみに韓国人か朝鮮人か、どちらかわからないものの
ハングル表記の垂れ幕を持った人々が米国大使館の前で
「トランプ大統領、帰れ!」とやったらしい。

日本第一党の桜井誠氏のツイッターにはそのように表れ
ていた。
そして、同氏が語るようにとても不思議な光景だ。

半島人がなぜ日本のことに口を挟むのか、解せないが。
日本を自分たちの国のように扱っているわけだ。

ところで、俺は現実的かつ実務的にものごとを考えれば。
今は自民党を支持するしかないと思うが、日本第一党の
主張も耳を傾けるものがあると捉えている。
何度も話はそれるが、引用した背景に触れた。


ともあれ、半島の動乱を見据えて、米国との連携強化は
当然ながらも。
韓国の指導者の発言を考えれば、同国が望まない国防・
防衛はじめ、経済面でも用心に越したことはなかろう。
何が起こるかわからないのだ。

不用意に近づくことは巌に戒めるべきかと。

韓国 文在寅

俺、オシマサ、僭越ながら斯く思う。

(再見)


 拙の考える糧 

 

ここでクリックしなくていいですよ。

関心のある方、メモしてね!



 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ