日本もついに空母を持つ気あり? 『いずも』型護衛艦へ戦闘機配備の検討をはじめる? 搭載機は『F35B』か?


スポンサードリンク


オシマサの広場へ、ようこそ!

今回はこちら。

日本もついに空母を持つ気あり?

・・で思うこと。

この話題、今日のロイターの記事で見たものです。

日本もついに空母を持つのかな?
そんなことを思わせる内容ですね。

『いずも』型護衛艦を改修して戦闘機の離発着に耐えら
れる船体構造にしたい意欲が政府にあるようです。

まだ検討段階とありますが、イメージは具体的なものに
映ります。

機種はF35Bとあり、当初は米海兵隊との連携を考慮して
その所属機の離発着を想定している様子。

そして、いずれは航空自衛隊が同型機の導入を視野とあ
りますから、海空自衛隊がともに居並ぶ姿が生まれるの
かもしれません。

なかなか興味深いものです。

また、こうした発想が生まれる背景にも同記事は触れて
います。
一つはバックアップですね。
日本にある滑走路が最初のミサイルの一撃で使用不能に
陥ったことを考慮しているのでしょう。
要は戦闘機の運用に支障がある場合を想定かと。

また、もう一つありますね。
これはかなりリアリティのある話です。

中国が活動を活発化している南西諸島周辺の防衛強化の
一環とありますから。
まさしく、移動する航空戦隊基地としてでしょう。

また、目を見張る内容というか、大いに関心を持たせる
部分は、ここですね。
もともと『いずも』型護衛艦は、F35Bの運用を前提に
設計されていたともあるのです。

なんと同護衛艦内の移動・運搬機能の一つといえるエレ
ベーターですが、これはF35Bを乗せることが可能とある
のです。

つまり、元来、格納庫と甲板を行き来できるわけです。

これはすごいですね。
生まれながらにして、空母として運用もできる形で作ら
れていたとも言えるでしょうから。

あと、改修の目玉はF35Bが短距離離陸するための滑走
部位の加工ですね。
船首部位にジャンプ台を設けるようです。
すると、どこかの国で見られるワリヤーグから遼寧と名
を変えた空母のような形状になるかもしれません。

これはさらに興味深いでしょう。

ただし、26日現在の話題として、小野寺五典防衛相は
「F35Bの導入や『いずも』型護衛艦の改修の検討は行
っていない」との発言もあって、どこまで信ぴょう性の
ある内容か?

少々、そこで「あれれ・・?」となりますが。

とはいえ、可能性のあるものと見ることはできるでしょ
う。
能力と国際情勢といった背景から見れば、不思議ではあ
りませんから。

日本人の一人として、期待したいものです。

いずも F35B

オシマサ、僭越ながら斯く思います。

(再見)

F-35ライトニングIIのあらまし

ちょいと報道関係、ネットを見ながらこれからの日本は
どうなるか!と思いまとめてみました。

最初にF-35ライトニングIIは、米国ロッキード・マーテ
ィン社が開発を進めた単発単座のステルス戦闘機のこと。

F-22ラプターと並ぶ第5世代ジェット戦闘機の位置づけ
になるのです。

そして、F-35の根底にあるコンセプトはこれですね。
一つの機体フレームからファミリー化を行いそれぞれの
用途に応じた機能を付加した!
戦闘機、戦闘攻撃機を作ること。

その上、対地用攻撃任務に耐えられる発展機体等を作る
ともあります。

要は個別の性能要求に応じて、別々に機体設計を始めて
いてはコストがかかって困る!
ということかもしれません。

とにかくですよ。
これを「統合打撃戦闘機構想」と呼ぶとあります。

そして、F-35の場合はこれによって次の三つ。
それぞれの型に派生しているのです。


1

 通常離着陸型
 CTOL
 F-35A



2

 短距離離陸型
(垂直着陸型)
 STOVL
 F-35B



3

 艦載型
 CV
 F-35C
CTOL : Conventional TakeOff and Landing
STOVL : Short TakeOff/Vertical Landing
CV : Carrier Vessel ・・か?


2017年11月17日から三代目が書きます

表現の傾向が変わるわけではありません。
文章が『である調』の終止形から『です、ます調』へ変
わります。
よろしくお願いします。
(2017年11月17日17:00からです。)

スポンサードリンク


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ