麻生財務相に向けた共産党・小池晃氏の「聞き捨てならん!」から! 『赤旗』かと思ったら『朝日新聞』だった、両紙は合体か?



麻生財務相に向けた小池晃氏の発言

今回はこちら。

聞き捨てならん!

・・で思うこと。


小池晃 聞き捨てならん


何やら、昨夜の『朝日新聞』の記事を見ると、何と、担ぐ人物は共産党・小池晃氏であり、その矛先は麻生財務相とあるのです。

まるで当紙は『赤旗』になったのかと見まごうばかり、その先は合体か・・と思われます。

ともあれ、小池晃氏は参院議員ですから、衆院でモノが言えないので、報道・メディアの前で吠えたのかもしれません。
ですが、麻生財務相へ衆院での答弁を拾って「聞き捨てならん」はどうでしょう?

そこまで、言えるほどの実績、過去歴はあるのでしょうか。
そして、『朝日新聞』はいつから『赤旗』と同列となるを「よし」と考えたのか、不思議です。


小池晃 聞き捨てならん


ちなみに小池晃氏がギャーギャー吠えた部分はこちらでありましょう。

佐川国税庁長官の記者会見が開かれていない(就任も含めて今のところなし。)理由で、麻生太郎財務相が「税務行政以外の質問がなされることになる」と答弁したこと。

小池晃氏としては、過去の佐川宣寿国税庁長官の前職・理財局長時代、森友に関わる発言で「よろしからず」の部分があるため触れたと思われます。

そして、それが「聞き捨てならん!」と続くわけです。
しかし、どうなんでしょう。

拙は、単純に野党関係者と報道メディアの傍若無人な振る舞いで、いたずらに時間が流れていくのが嫌なだけと思うのです。
麻生太郎財務相が・・ですね。
ですから、単純に麻生財務相の言葉を「むべなるかな!」と受け止めています。

ですが、野党、一部の報道を含めた声には森友関連で、政権が関わる不都合を隠すためと触れ、どうしても政府・政権を悪としたい様子。

こういうやり取りを見たり聞いたりすると、ホント、こちらも嫌になります。

堂々巡りで、同じことを繰り返したいだけなのか?
そろそろ、国会の時間を、森友から卒業したらと思うのです。
ほかにあるでしょう。
賃上げとか、北朝鮮対処とか。

また、こんな状態が続くと、逆に与党・政府は森友で騒ぐ野党を利用したりしないかと思うのです。
つまり、審議をしたくない内容もあって、ですね。
ほかで時間切れを狙って、まとめて俎上に上げまとめて成立とか・・ですね。
森友で騒がせて焦点をぼかすこともできるでしょう。

ともあれ、質疑質問に当たった野党も、今回の共産党の小池晃氏も『朝日新聞』も。
反対だけが信条のアホに映るかと・・。

小池晃 聞き捨てならん

オシマサ、僭越ながら斯く思うのです。

(再見)

2017年11月17日から三代目が書きます

表現の傾向が変わるわけではありません。
文章が『である調』の終止形から『です、ます調』へ変
わります。
よろしくお願いします。
(2017年11月17日17:00からです。)


 拙の考える糧 

 

ここでクリックしなくていいですよ。

関心のある方、メモしてね!



 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ