自民党、また後ろから矢を放つ人の登場! 今度は佐川氏に責任追わせてアカン、安倍首相に大所高所で判断とか常連が語る!



自民党、後ろから矢を放つ人の登場!

今の国会、政治状況、ホント醜いですね。
野党の何が何でも、安倍政権を潰したい思いとその行動然り。
自民党内の抗争に見える一部議員の安倍首相貶め発言など。

醜く、変ですよ。


安倍首相 大所高所


少なくとも、昨日の参院予算委員会での証人喚問、佐川前国税庁長官(その前は理財局長)の発言で、安倍首相、同夫人、麻生財務相、さらに政権内部からの財務省に向けて「書き換え指示はない」と明らかになっているのです。

佐川氏が森友学園の籠池被告なみの大ウソつきでもない限り、野党が追及する森友学園問題は終了したと言えるでしょう。

それなのに、なぜ自民党から貶め工作に走る人が出てくるのか不思議。

NHKの報道で見ましたけど、自民党の村上誠一郎氏(元行政改革担当相)がこんなことを発言したとあるのです。

「佐川氏が、自分1人ですべての罪をかぶろうとしている姿勢だが、本当に、それが正しいことなのか疑問だ。去年から起きている南スーダンのPKO部隊の日報問題、加計学園の問題も、今回の問題も、全部、安倍総理大臣の近い人たちから起こった問題だ。安倍総理大臣は、責任を取って、そろそろ大所高所の判断をすべき時期に来ているのではないか。これ以上、続けても、国民の不信は募るばかりだ」

これから思うことは「もういい加減にしたら」ですよね。
なぜ、同じ自民党の議員さんが足を引っ張る?


安倍首相 大所高所


この方も反安倍首相側の議員、人物であることはよく知られた話と思いますけど、露骨すぎますね。
石破茂氏や小泉進次郎氏と同じですよ。

反対するなら、疑問に感じるなら、正す必要があると言うなら、報道・メディアを使って印象操作を行う手法を用いるではなく、直接政権内部に訴えた方がよいでしょう。

それができないのであれば、ずるさしか見えませんよ。

と拙は思うばかり。

今回はいつも以上に義憤を感じ表してみました。

(再見)


 拙の考える糧 

 

ここでクリックしなくていいですよ。

関心のある方、メモしてね!



 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ