中国の空母『遼寧』、台湾海峡南下! 平昌オリンピック前に何か意図?



空母『遼寧』、台湾海峡南下!

今回はこちら。

産経紙を見たら、4日、5日と連続して表れていました。
中国の空母、『遼寧』のこと。

空母 遼寧

出港して東シナ海を航行中かと思えば、早々と台湾海峡も抜けたとあり、ザクッとした扱いながら、その名称が表れています。
(出港個所は青島との表れ方もありますが、どうでしょうね。)

ともあれ、動き出したことは間違いないかと。
(そこそもはロシアの持ち船であったワリヤーグを改装したもの。)

そこで、その動きをちょっとイメージしてみました。
こんな感じでしょうか。


空母 遼寧

イメージ図はこちらから。
出典:国土地理院ホームページ
国土地理院地図の一部を加工
(http://maps.gsi.go.jp/help/
index.html#manual)

南シナ海には向かうのかもしれません?

ちなみに『遼寧』は2016年12月、沖縄本島と宮古島の間を抜けて、台湾東側海域を航行して南に向かっています。
まるで、台湾を威嚇するようにですね。

また、昨年2017年7月は沖縄本島と宮古島の間を抜けて太平洋に進出したとあります。
これは西太平洋にいつでも出られる!と言わんばかりでしょう。

ただ、運用の意図あってのことでしょうけど。
活動後と活動開始の間が、結構空いているかに映ります。

半年ほどの期間、ですね。
憶測ながらも、技術的な点から設備などの未完の部分があるのかもしれません。

ところで、中国海軍がこの時期になぜ動くのか、門外漢でも気にはなるところ。
『平昌オリンピック』前に南シナ海で存在感をアピールしたいのか。
それとも単なる計画していた航海訓練なのか。

繰り返しながら、気にはなりますね。

オシマサ、僭越ながら斯く思うのです。

(再見)


2017年11月17日から三代目が書きます

表現の傾向が変わるわけではありません。
文章が『である調』の終止形から『です、ます調』へ変わります。
よろしくお願いします。
(2017年11月17日17:00からです。)


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ