失業者の尻叩き! 厚生労働省は早く再就職したら失業等給付の「再就職手当」を10%上積みするぜ・・作戦だ!



失業等給付 再就職手当


今回も不確実性を帯びながら、より現実的なことに
触れてみる。

厚生労働省は長期失業者の尻叩きをして
「さっさと就職しろ」作戦を展開するらしい。

話の節

1 失業等給付「再就職手当」10%増し
2 雇用者側もその気でないと!

失業等給付 再就職手当

失業等給付「再就職手当」10%増し

5月7日付の日経を眺めていたらこういうものあり。

『再就職、早期なら手当増 厚労省、失業長期化を回避』

早い話、失業者が再就職をさっさと決めたら
厚生労働省が失業手当に色を付けてくれるとのこと。

結構な話と思う。

実際、ハローワークに行くと、俺より若い20代
30代の者が職を探し、集まっているのを見かける。

彼らのように若さがまだあり余っている。

いや、実際、余っているかどうかはわからないが
一応数字の上では俺よりはるかに有利なはずだ。

だから気持ち次第で前進することはできると思う。

今回の件は、その彼らに飴を与えると同時に尻を
叩いて再就職に弾みを付けさせるもののようだ。


ところで、具体的に厚生労働省が行いたいことは
これだ。

基本的に雇用保険の失業手当と呼ばれるものに

 失業等給付

・・があるが、これに加算する話なのだ。


そして、この「失業等給付」にいくつかの種類がある。

ハローワークに行くと少なからず、いくつかは
頭に入ってくるはずだ。

逆に知らない人は、それはそれで「幸せな人」
とも言える。

ということで、俺同様「幸せではない人」向けに
言葉を重ねると、難しい本では4区分に分かれて
いるようだ。

《失業等給付》

1  求職者給付
2  就職促進給付
3  教育訓練給付
4  雇用継続給付

このように言葉は並ぶが、実際ハローワークでの
一番の目玉は赤字で表した「求職者給付」と
「就職促進給付」だ。

さらに、この「求職者給付」はさらに4区分。

《求職者給付》

1  基本手当
2  技能習得手当
3  寄宿手当
4  傷病手当

再就職方向によって組み合わせは変わるだろうが
共通して頂くことになるのは赤字の「基本手当」。

「技能習得手当」は少々理解はしているが
「寄宿手当」と「傷病手当」はよくわからない。

ただ、今回の厚生労働省の新しい試みに関係するのは
ここでは「基本手当」になるので、他は omit していい。

また、「就職促進給付」も4区分。
これが、今回の目玉だ!

《就職促進給付》

1  再就職手当
2  就業手当
3  就業促進手当
4  常用就職支度手当

中でも赤字で表した「再就職手当」が就業意欲を高め
職場への早期復帰への尻叩きをするカンフル剤なのだ。

では、どのようにカンフル剤に変わるかというと

基本、「再就職手当」は失業給付対象期間に受給した
「基本手当」の受給残を一括して受給資格者
(再就職決定者)に渡すものと聞く。

しかし、これには条件と区分がある。
それがこれだ。

受給資格者が

 就職日の前日において
 1/3以上の
 基本手当の支給残日数

・・であること。

さらに

 1年を超えて
 引き続き雇用されることが
 確実な安定職業への就職

これをクリアする場合に「再就職手当」を
2017年から10%増しに渡すから早めに
「労働市場に戻れ!」と促すものだ。

さらに細かくすると現行では残日数が所定の
給付日数の

2/3以上 残日数の60%
1/3以上 残日数の50%

つまり、これが2017年からは

2/3以上 残日数の70%
1/3以上 残日数の60%

赤字のように10%増しの数字になるので
頑張って失業状態から脱出しろ!ということ
であろう。

この施策が出来上がれば冒頭でも触れたが
ありがたいものだと思う。

失業等給付 再就職手当

雇用者側もその気でないと!

しかしだ。
これは、あくまでも失業者に対する再就職への
意識アップ施策であろう。

実際は、これに対応して会社・企業が雇用を
したいという環境が整わない・・と難しいだろう。

まあ、何も施策がないよりは良い。

同時に、受け入れる側の雇用をしたい環境も
ポイントであろう。


それにしても、40代以上はどこまで行っても
大変だろう。

それは変わらないと同時に思う。

それでも地道に動くオシマサなのだ。

(再見)

失業等給付 再就職手当


 拙の考える糧 

 

ここでクリックしなくていいですよ。

関心のある方、メモしてね!



 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ