再就職の面接! 履歴書・職務経歴書・想定問答の作成だ! しかし俺の価値を匂わすものはあるのか?(18日目)



再就職 面接

オシマサの再就職活動日記 18日

さて、前は見えぬが。
しかし、無防備でいるわけにはいかない。

面接の準備をガンガン始めよう。

話の節

1 面接『価値≧コスト』
2 採用『事前の期待≦得られる価値』 

再就職 面接

面接『価値≧コスト』

なんだかんだと言っても、結局これだ。
誰でも知っていることだがこうでないと
採用する側は納得しないだろう。

前置きが長い・・申し訳ない!

何かと言えば、面接時に俺を見て
俺の価値が採用後の給与・賃金を上回る!

と感じてくれるかどうかだ。

よくあるコマーシャルでこういうのがある。

 お値段以上〇〇〇

そう!〇〇〇のコマーシャルがすべてを
表わしているのだ。

お値段以上であれば買うのだ。
つまり採用するのだ。
それだけのことなのだ。

だから、ペーパー資料を送って面接にも
至らないのは、そこまでの価値もない!
ということなのだろう。

もしそうであれば。

採用云々以上にショックな話だ。
と言ってみても仕方はない・・が。

ともかく、面接結果は

『価値≧コスト』

ということはいまさら言うまでもないが
そういうこと。

再就職 面接

採用『事前の期待≦得られる価値』

そして、仕上げはこれだ。

まずは一般論から。

 人は自分が
 見たいように見て
 聞きたいようにしか
 聞かない

・・のだ。

面接も、顧客の満足度を推し量ることと同じ。

そう、顧客満足度 customer satisfaction

『事前の期待≦得られる価値』

これのことだ。

事前に思っていた以上の価値があると
思えれば、満足する。

それだけだ。

もし、満足できていなければ・・。

すぐに。

感情は伝播する!

だからわかる。

まあ、そういうことだと思う。
そう思ってことにあたればいい。

そのためにはなんと言ってもだ。

 履歴書
 職務経歴書
 想定問答の作成

は必要であろう。

言葉を返せなくては話にならない。
それにしても俺の価値を匂わすことは難しい。

ただ、面接という土俵に上がらないことには
話にならないことは言うまでもない。

ああ、能天気で推し量ってくれるところが
あればいいのだ・・が。

だが、そんなところはない。

俺でもわかること。

(つづく)





 拙の考える糧 

 

ここでクリックしなくていいですよ。

関心のある方、メモしてね!



 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ