希望の党・若狭勝氏は小池百合子代表の応援演説を受ける! ここでは民進党出自とは違う団結の姿があるようだ!



オシマサのハグレへ、ようこそ!

思い出したかのようで申し訳ないと思いつつもあの人物
はどうなったのだろう。

東京10区から立候補している若狭勝氏のこと。

もちろん、希望の党にはいるのだろうが、最近めっきり
顔を見なくなった感があったので触れてみる。

と言っても、明日が投開票日なので放っておいても結果
は出るとは思うのだが、今の状況をあれこれ見ると。
あまり芳しくないようだ。

小選挙区で乗り切れるか、あるいは比例代表か。
だが、それも希望の党に支持が集まってのことだ。

そうした中、池袋で街頭演説する姿もネットで見られる。
しかし、人はまばらというか。
聞く耳持たない状態の人が多いように見える。

こういう姿があちらこちらで、似たような動画が再生さ
れているところを見ると。
若狭勝氏自身もさることながら、希望の党から立候補し
た者に対する視線はかなり厳しいものがあるのだろう。

そんなことが頭に浮かぶ。

希望の党の参謀も、これでただの人になるのか。
明日が投開票日ゆえ、結論はまだ出せないだろうが。

ただ、小池百合子代表は10区に三度も足を運んだとある。
それなりに仁義に沿った考えはあるのだろう。

他の民進党出自の候補者のような形勢不利と見れば。
寝返るような類ではない。
少々気に入らない希望の党ではあるが、代表の器か。

その点は評価できるかもしれない。
これは小池百合子代表のこと。

が、若狭勝氏への有権者の視線は厳しいものに映る。
結構、報道・メディアに登場していただけに、逆に中身
のなさを有権者に見透かされたのかもしれない。

いずれにしても、明日の夜には結論が出るのであろう。

ただ、あえて私見を述べれば、もし明日選挙戦で大きく
負ける結果が出るならば、それは民進党を混ぜたことが
大きな要因ではないか。

もちろん、今、現在は負けが決まったわけではない。
俺の憶測での話だ。

だが、そもそも、多くの人が民進党はなりすましと言っ
ていたのだ。
それゆえ、形勢不利と見るやあちらこちらで小池百合子
代表を批判し始めている。
これが民進党出自の本性であろう。

その部分を見破る力は弱かったのではなかろうか。
ただ、そう思うだけだ。

いささか先走ったが、少々気になる御仁である。

希望の党 若狭勝

俺、オシマサ、僭越ながら斯く思う。

(再見)


 拙の考える糧 

 

ここでクリックしなくていいですよ。

関心のある方、メモしてね!



 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ