希望の党・小池百合子代表、立候補しなければ! 国政の裏のドンの立場を欲するの? たとえば首相指名権の確保を狙う?



オシマサのハグレへ、ようこそ!

最近、選挙で思うところを書き連ねている。
だが、実際、門外漢の俺が語ってもだ。
詮無きこととは承知している。

とはいえ、特に今回の選挙の動きは興味深く、行く末を
追いかけたく見ているわけだ。


希望の党 石破茂


ところで、小池百合子代表、昨日も前原誠司氏の要請を
断り、自らの立候補を否定したようだ。

となると、かつての日本新党時代を彷彿させる。
そんな策でも考えているのだろうか。

小沢一郎氏が仕掛けたと言われる日本新党の細川護煕氏
の首相推戴・・だ。

推戴というのも妙な表現だが、こんな感じではないか。

ともかく、同じようなことを、自らは都知事として後に
下がって・・だ。
希望の党を若狭勝氏、細野豪志氏、あるいは前原誠司氏
で遠隔操作し、その姿を求めるのかもしれない。

いわゆる野党連合による政権奪取・・。

それを考えると、数日前に公明党の山口那津男氏を持ち
上げ「首相にいかが」とした言動も解せるものがある。


ともあれ、門外漢の俺もいろいろと考える。
頭を回すと、突飛な方向性しか持たないかもしれないが
しかし、何か、出てくる。


そこで、小池百合子代表、そもそも希望の党による単独
政権を、今は考えていないのかもしれない。
ある程度の発言力を持てる集団に育てばよいと見ている
のか。

そして、その後、それを背景に野党を取り込み、自らの
意志を反映できる政権ができればよいと。
そのような腹案を持っていることも考えられる。

そのためか、まずは公明党を照準したのではないか。
公明党には先日、山口那津男氏で首相指名と風を送って
いる。

となると、次は安倍首相の反対勢力か。
ここに風を送れば、自民党が過半数を大きく割った際。
チャンスになるかもしれないと。

これに合わすように、報道・メデイアなどを見ると。
見え透いた動きとの評もあるが、確かに自民党の石破茂
氏他何人かの自民党有力政治家の選挙区に、希望の党の
対抗馬は立っていない様子。

これはいかなることか?とビットも立つのだ。

つまり、小池百合子代表、自ら立候補せずとも動かせる
国政の態勢作り!
選挙結果で政権奪取の主導権を握る方向を見出すことに
注力しているのかもしれない。

意外というか、筋書きどおりかもしれないが。
たとえば、石破茂氏を担ぎ出すとか。

それであれば、都知事としての失政があったとしても。
国であとから面倒を見てもらうことも可能となるか?

また後に、政権を担う欲があったとしてもだ。
都知事でケチがつくことを避けられるだろう。

まあ、どうなるかわからないものの。
立候補せずとも、フィクサーとしての位置を確保する
道を選ぶ。
これもないとは言えまい。

裏のドン?

俺、オシマサ、僭越ながら斯く思う。

(再見)


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ