10月28日は自衛隊殉職隊員の追悼式! 使命感と責任感を持って職務の遂行に全身全霊をささげた方々に向けて! 合掌!



オシマサのハグレへ、ようこそ!

遅ればせながら、自衛隊殉職隊員の追悼式に触れる。
10月28日、昨日のこと。
防衛省内で同追悼式が行われたとの報道もあったので
承知の方は多いと思う。
※ 平成29年10月28日(土)10:00-11:00

大きなところは次のとおりか。

今回の対象者(顕彰者)数は25柱とある。
陸上自衛隊14柱
海上自衛隊11柱
(防衛省のホームページから)

昨年9月から国のために殉じられた方が毎年これほども。
存在するのかと思うと、自然と合掌へ手が向かう。

使命感と責任感を持って職務の遂行に全身全霊をささげ
た方々に向けて!・・だ。

政治家関係の参列者は、安倍首相、歴代防衛大臣はじめ
現職の防衛大臣、防衛副大臣、防衛大臣政務官ほか。
とある。




気になるのは野党から、どの程度参加しているのか。
残念ながら、それを表したものに目が触れることはなか
った。

だが、国民政党を名乗るなら。
是非、自発的な参加があったことを望みたい。

それにしても、この種の式典はもっと、テレビは大きく
扱ってほしいものだ。

こうして国に殉じた自衛官の存在があって日本の平和が
保たれていることを国民、皆が意識するために必要であ
ろう。

決して、この平和、憲法9条があるからだけではない!
そのことを意識するために。

自衛隊 殉職

俺、オシマサ、僭越ながら斯く思う。

(再見)


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ